マジョラル&イバニェス移籍後初弾でローマがクルージュに5発圧勝! グループA首位に浮上《EL》

超ワールドサッカー / 2020年11月6日 4時57分

写真:Getty Images

ヨーロッパリーグ(EL)・グループA第3節、ローマvsクルージュが5日に行われ、ホームのローマが5-0で圧勝した。

ローマは前節、CSKAソフィアとゴールレスドローに終わり、連勝のチャンスを逃した。それでも、先週末のフィオレンティーナ戦では2-0の快勝を収め、公式戦3戦ぶりの白星を収めている。

同勝ち点で並ぶクルージュとの連戦初戦ではスモーリングやペッレグリーニ、ペドロ、ジェコら一部主力を温存し、[3-4-2-1]の前線はマジョラル、ムヒタリアン、ビジャールのトリオとなった。

オリンピコでの一戦は開始早々に動く。開始2分、相手を押し込んでボックス左にボールを運んだスピナッツォーラからの浮き球のクロスをファーサイドのムヒタリアンが頭で合わせると、GKの手と右ポストを叩いたボールがそのままゴールネットに吸い込まれた。

その後も主導権を握って押し込む状況が続くローマだが、23分にはボックス右に抜け出したホバンに枠の左隅を捉えたシュートを放たれるが、ここはGKプ・ロペスの好守で凌ぐ。すると、24分には左CKの場面でキッカーのヴェレトゥからの正確なボールをイバニェスが頭で合わせ、加入2シーズン目での待望の移籍後初ゴールとした。

これで余裕の出てきたホームチームにはもうひとつの初ゴールが生まれる。34分、ボックス内でヴェレトゥが放ったシュートが浮き球となってボックス右に流れると、ブルーノ・ペレスが頭で落としたところをゴール前のマジョラルが右足で押し込んだ。

イバニェスとマジョラルの移籍後初ゴールでクルージュを大きく引き離したローマは、ハーフタイム明けに3枚替えを敢行。ムヒタリアン、スピナッツォーラ、ヴェレトゥに代えてペッレグリーニ、フアン・ジェズス、ペドロを投入。さらに、61分にはイバニェスに代えてスモーリングをピッチに送り込む。

3点のリードを受けて、後半はゲームコントロール優先の戦い方を見せた中、前半に比べて決定機の数は限られたものの、ポジション奪取に向けてアピールしたいマジョラルが積極的にフィニッシュに絡むなど、試合の主導権はがっちりと握る。

その後、74分にはクリスタンテに代えて18歳の生え抜きMFミラネーゼをデビューさせたローマは、84分にブルーノ・ペレスの右クロスのこぼれ球をボックス左で拾ったマジョラルが右足の強烈なシュートを突き刺して4点目。さらに、89分にはミラネーゼからの絶妙なスルーパスに抜け出したペドロがトドメの5点目を決め切った。

そして、クルージュとの上位対決を圧巻の5-0のスコアで快勝したローマがグループA首位に浮上している。

ローマ 5-0 クルージュ
【ローマ】
ムヒタリアン(前2)
イバニェス(前24)
マジョラル(前34)
マジョラル(後39)
ペドロ(後44)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング