【J1注目プレビュー|第32節:仙台vsFC東京】トンネルを抜けた仙台がホーム初勝利目指す、FC東京はACLへ弾みを

超ワールドサッカー / 2020年11月18日 15時27分

写真:©︎CWS Brains, LTD.

【明治安田生命J1リーグ第32節】
2020年11月18日(水)
19:00キックオフ
ベガルタ仙台(18位/17pt) vs FC東京(4位/50pt)
[ユアテックスタジアム仙台]

◆トンネル抜け出し、今季ホーム初勝利を【ベガルタ仙台】

前節はアウェイで12試合無敗を継続するガンバ大阪と対戦。2位との対戦に下馬評は完全にG大阪優勢だったが、蓋を開けてみれば0-4で圧勝。8月8日の第9節ヴィッセル神戸戦以来今シーズン3勝目を記録した。

特に出色の出来だったのは古巣対戦でもあったFW長沢駿。ハットトリックの大活躍でチームを18試合ぶりの勝利に導いた。また、ケガで離脱が続いていたイサック・クエンカもらしさ溢れるアシストを見せるなど、それぞれの選手のパフォーマンスが際立った試合だった。

ケガからの復帰など、メンバーが徐々に揃い始めた矢先の勝利。この勢いに乗って掴みたいのがホームでの初勝利だ。

今節を含めて残りのホームゲームは4つ。このままではホーム未勝利でシーズンを終える可能性もある。しっかりと長過ぎたトンネルを脱出した今こそ、勢いに乗って連続の上位食いを果たしたいところだ。

★予想スタメン[4-3-3]
GK:ヤクブ・スウォビィク
DF:飯尾竜太朗、シマオ・マテ、金正也、蜂須賀孝治
MF:関口訓充、椎橋慧也、浜崎拓磨
FW:山田寛人、長沢駿、石原崇兆
監督:木山隆之
※柳貴博は契約上の理由で出場不可

◆ACLへ弾みをつける勝利なるか【FC東京】

前節はアウェイで名古屋グランパスと対戦。上位対決となる中、守備に特徴のある両チームの対戦は拮抗した展開に。ゴールレスのまま試合は推移し、引き分けかと思われた後半アディショナルタイムにハンドでPKを与え、0-1で敗れた。

4連敗をストップした矢先の敗戦。チームとしていい流れとはいえず、苦しみから抜け出すことができずにいる。

今節を終えればアジア王者を目指してAFCチャンピオンズリーグ(ACL)を戦うためカタールへ。チームが決勝トーナメントに進んだ場合は、2チーム編成となるだけに、悪い流れは今のうちに断ち切っておきたいところだ。

良いイメージを持ってアジアの舞台に立つために、そして少ないながらも来季のACL出場権を得られる3位でフィニッシュするために、しっかりと勝利を収めておきたいところだ。

★予想スタメン[4-3-3]
GK:波多野豪
DF:中村拓海、渡辺剛、森重真人、小川諒也
MF:アルトゥール・シルバ、安部柊斗
MF:三田啓貴、レアンドロ、ディエゴ・オリヴェイラ
FW:永井謙佑
監督:長谷川健太

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング