リバウドが否定的見解 「ネイマールがバルサに戻るとは思えない」

超ワールドサッカー / 2020年11月21日 8時15分

写真:Getty Images

バルセロナOBであり、元ブラジル代表FWのリバウド氏がパリ・サンジェルマン(PSG)でプレーするブラジルFWネイマールのカンプ・ノウ帰還に否定的な見解を示した。スペイン『マルカ』が報じている。

ネイマールは2017年夏に移籍金2億2200万ユーロ(現レートで約270億8000万円)の史上最高額でバルセロナからPSG入り。フランスの名門で王様としての地位を確立しているが、移籍市場が開くたびにバルセロナ復帰の憶測が挙がり続けている。

たびたびのバルセロナ復帰説を経て、今季でPSG在籍4季目を迎え、最近に契約延長の見方も浮上しているネイマールだが、同胞の先輩は何を思うか。リバウド氏は『Betfair』に寄稿するコラムのなかで、

「バルセロナの次期会長選に立候補する者からネイマールを連れ戻そうとしていないという話を聞いたことがある。いつか彼が戻るとしても、今はその時期じゃないと思っている」

「それに、バルセロナは今、財源に苦労している。今のネイマールはパリで幸せで、契約延長も検討しているようだね。だから、今も近い将来もバルセロナに戻るとは思えない」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング