先発11人変更の広島に追い付かれた湘南、J1通算150勝はまたもお預けに《J1》

超ワールドサッカー / 2020年11月25日 21時36分

明治安田生命J1リーグ第25節、湘南ベルマーレvsサンフレッチェ広島が25日に行われ、1-1の引き分けに終わった。

前節の湘南は、無失点3連勝中にあった中で、アウェイの名古屋グランパス戦に挑むも3-1で返り討ちに遭い、6試合ぶりの黒星を喫した。対する広島は、アウェイでセレッソ大阪に完封勝利を収め、6試合無敗を継続。来季のAFCチャンピオンズリーグの出場権が狙える位置にまできた。

スタメンに関しては前節から2人変更の湘南に対し、佐々木とレアンドロ・ペレイラが累積警告で出場できない広島は大胆に11人全員入れ替えるターンオーバーを敢行。GK大迫がおよそ1カ月ぶりにゴールマウスに立ったほか、センターバックの左に入ったベテラン清水は今季公式戦4試合目。松本や土肥など若手も起用されたが、この采配が吉と出るか凶と出るか。

試合は3分に湘南の岡本がファーストシュート。松田のCKを右足で合わせた。一方の広島も4分、味方とのワンツーで左サイドを縦に突破したエゼキエウのスルーパスに抜け出した永井がシュートに繋げたが、ここはDFのブロックに遭った。

湘南は6分には、相手のクリアに反応した柴田が頭で前線に送り返したボールを、ボックス中央の松田がシュート。決定機だったが、ここは名誉挽回を図るGK大迫のビッグセーブに阻まれた。

しかし直後の8分、左CKを得たホームチームが先制に成功する。キッカーの松田が山なりのクロスを入れると、ファーサイドの大野が頭でリターン。これを岡本が頭でゴール左下に押し込みネットを揺らした。

出鼻を挫かれた広島は、その後もリズムを作れず湘南に主導権を許したまま。そんな中でも26分に左サイドの松本のクロスを永井が頭で合わせるなど、何とか形を作る。30分から40分にかけては広島が流れを掴みかけるが、エゼキエウが足を痛めて途中交代。森島を緊急登板させた。

これで流れが途切れた広島。43分にハーフウェイライン付近でボールを失うと、前に運んだ松田のパスから茨田に決定機を許してしまう。だが、ここでもGK大迫がビッグセーブ。何とか最少失点に抑えて試合を折り返した。

反撃に出たい広島は、土肥と永井を下げて柏と浅野を投入して後半に望む。すると立ち上がりの49分、ドウグラス・ヴィエイラが得たFKを松本が直接狙うと、強烈な―シュートがクロスバーを直撃。ボールは真下に弾かれたが、ゴールラインは割っておらず同点には追いつけなかった。

しかし、58分にも松本がゴールに迫るなど明らかに攻勢を強めた広島がさらに野津田を下げて川辺をピッチへ送ると、この交代がズバリ的中する。

66分、柴崎の縦パスをボックス手前で受けたドウグラス・ヴィエイラが起点を作ると、ボックス右に走り込む川辺に丁寧にスルーパス。これでGKと一対一となった川辺は、冷静にGK谷のニア上方に蹴り込み、試合を振り出しに戻した。

このまま広島を調子付かせたくない湘南は、失点直後に投入した大橋がドリブルで打開を試みる。左サイドから1人躱してボックスに侵入。ここでDF2人に挟まれ倒されるが、主審の笛は鳴らなかった。

勢いに乗る広島にとっても気の抜けない時間が続くが、85分に左サイドに流れた森島のクロスを頭で合わせたドウグラス・ヴィエイラのシュートが相手GKを強襲。さらに87分には同点ゴールの川辺に再びビッグチャンス。味方のスルーパスでボックス左に抜け出しGKと一対一になるが、丁寧にゴール右下を狙ったシュートはポストを掠めてしまった。湘南も途中出場の指宿に好機が訪れるが、好セーブ連発のGK大迫が立ちはだかる。

結局、試合は1-1のドロー。湘南のJ1通算150勝目はまたもお預けに。また、追いつく形となった広島も連勝はお預けとなった。

湘南ベルマーレ 1-1 サンフレッチェ広島
【湘南】
岡本拓也(前8)
【広島】
川辺駿(後21)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング