インテル時代のズラタンのエレガントなボールコントロール&技ありアシスト【ベスト・アシスト】

超ワールドサッカー / 2020年11月26日 21時0分

写真:Getty Images

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。

今回はミランの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチがインテル時代に決めたアシストだ。


2006年夏にユベントスからインテルに移籍したイブラヒモビッチは、エースとして活躍。3度のスクデット獲得など、多くのタイトルを勝ち取った。

恵まれたフィジカルに加え、抜群のテクニックを備えたストライカーとして攻撃陣を牽引するイブラヒモビッチだが、2007年8月26日に行われたセリエA開幕節のウディネーゼ戦では、素晴らしいアシストを決めている。

開始早々の9分、相手陣内中央でパスを受けたイブラヒモビッチは、距離を詰めてきた相手DFに対し、ファーストタッチでボールを空中に上げ、リフティング。空中でボールをコントロールすると、ボールがハーフバウンドしたところでボックス内に鋭いパスを入れる。このパスをフリーで受けたMFデヤン・スタンコビッチがGKとの1対1を冷静に決め、見事な先制ゴールを挙げた。

早々に先制したインテルだったが、試合終了間際に同点に追いつかれ、試合は1-1のドローとなった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング