ロッベンが得意の位置から決めたアンストッパブルな強烈ミドル【インクレディブル・ゴールズ】

超ワールドサッカー / 2020年11月26日 19時0分

写真:Getty Images

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。

今回はフローニンヘンの元オランダ代表FWアリエン・ロッベンがバイエルン時代に決めたゴールだ。


2009年夏にレアル・マドリーからバイエルンに加入したロッベンは、世界屈指のウインガーとしてバイエルン攻撃陣の一角を長年に渡り担い、チームを多くのタイトル獲得に導いた。

絶対的な縦への速さと、分かっていても止められない切れ味抜群のカットインとミドルシュートで得点を量産したロッベンだが、2018年2月6日に行われたDFBポカール準々決勝のパーダーボルン戦では、得意の位置からゴールを決めている。

4-0とバイエルン大量リードで迎えた86分、ロッベンが右サイドにドリブルで攻め入ると、相手からのタックルを受けながらも大外のMFコランタン・トリソにパスを送る。トリソがドリブルでボールを運び、中央のMFセバスティアン・ルディにパスを送ると、ルディがダイレクトでボールをロッベンに落とす。

このパスをペナルティーアーク内の絶好の位置で受けたロッベンが左足で強烈なシュートを放つと、左上の完璧なコースに美しいゴールが決まった。

試合を決めたバイエルンはさらに1点を加え、6-0の大勝を収めている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング