ベッカム、ロビーニョ、ロナウド、ラウール…スーパースターたちによる鮮やかな銀河系速攻ゴール【チーム・ゴールズ】

超ワールドサッカー / 2020年11月26日 20時0分

写真:Getty Images

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。

『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回は元スペイン代表FWラウール・ゴンサレス氏がレアル・マドリーで決めたゴールだ。


1994年のトップチームデビュー以来、スーパースターが集まるチームの中の生え抜きのエースとしてマドリディスタから愛されたラウール氏。クラブの象徴として多くのタイトルを勝ち取った。

抜群のサッカーセンスで、何でもこなす万能FWとして活躍したラウール氏だが、“銀河系軍団”全盛期の2005年8月28日に行われたラ・リーガ開幕節のカディス戦では、スター選手たちの見事な連携からゴールを決めている。

1-1と同点で迎えた85分、自陣からMFデイビッド・ベッカムが正確なロングパスを前線に入れると、FWロビーニョが胸トラップでボールをコントロールし、走り込んできたFWロナウドにボールを渡す。ロナウドがその勢いのまま一気にボックス内に侵入し、GKとの1対1の場面を作ると、意表をつく横パスをラウールに送り、フリーのラウールが勝ち越しゴールを決めてみせた。

このゴールで2-1とリードを奪ったマドリーが開幕戦を勝利で飾っている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング