“マラドーナ超え”のハムシク&メルテンスが追悼メッセージ

超ワールドサッカー / 2020年11月26日 14時30分

写真:Getty Images

25日、アルゼンチン、そしてフットボール界のレジェンドであるディエゴ・マラドーナ氏が他界した。60歳だった。

先月30日に60歳の誕生日を迎えたばかりのマラドーナ氏は、今月2日にサナトリオ・イペンサ・ラ・プラタ病院へ緊急入院。精密検査の結果、脳に硬膜下血腫が見つかったため、3日に緊急手術を受けていた。その後は状態が安定し、同11日には退院していた。

突然の訃報にフットボール界全体が悲しみに暮れる中、特にマラドーナ氏とともに黄金時代を築いたナポリでは、多くのパルテノペイが涙を流している。クラブはレジェンドへの追悼の意を表し、本拠地サン・パオロの名称を「ディエゴ・アルマンド・マラドーナ」に変更することを検討しているようだ。

そんなナポリでマラドーナ氏に並んで象徴的な存在となっているのが、ベルギー代表FWドリエス・メルテンスと、現在は中国の大連プロフェッショナルに所属するスロバキア代表MFマレク・ハムシクだ。

ハムシクは2007年から2019年にかけてナポリに在籍し、クラブ最多の公式戦通算520試合に出場した偉大な記録を持つ。さらに、2017年12月23日には、セリエAのサンプドリア戦のゴールでマラドーナ氏が持っていたクラブ最多ゴール数(115)を更新。その試合のユニフォームはマラドーナ氏に贈られていた。

そして、メルテンスも2019年10月23日に行われたチャンピオンズリーグのザルツブルク戦でクラブ通算116ゴールに到達し、現在は128ゴールでクラブ最多得点記録を誇っている。

ともに“マラドーナ超え”を成し遂げたハムシクとメルテンスの2人も、それぞれインスタグラムを通じて、旅立ったレジェンドへ惜別のメッセージを届けた。

◆マレク・ハムシク
「明日の11月26日の20時45分、ナポリファミリーはディエゴ・アルマンド・マラドーナへ祈りを捧げる。試合前には皆で窓にライトとキャンドルを灯し、21時から1分間の黙とうの後、ナポリ中のすべての窓が開いて史上最大の拍手を送るんだ」

「僕たちは世界に向けてディエゴの名前を叫ぶ。誰も彼のことを忘れないように、ディエゴが一番愛された息子であり兄弟であることを感じてもらうためにね」

「すべてのナポリタンに捧ぐ、ディエゴは永遠なり!」

◆ドリエス・メルテンス
「7年前、ナポリから移籍を提案された時、僕が最初に思い浮かべたのは、青いユニフォームを着て魔法をかけるあなたの姿だった。ここ数年、僕の名前があなたと比較されているのだとしたら、ここで謝ります。僕があなたほどの高みに到達することなんて決してできないのだから。あなたが“僕たちの”街にかけてくれた魔法はどんなに時が経っても解けることはないでしょう」

「明日から青いユニフォームを着ることはより大きな責任を伴うことになる。チャオ、あなたに逢えたことは僕の誇りです」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング