「人生の一部だったような気がする」リバプールのクロップ監督が急逝のマラドーナを哀悼

超ワールドサッカー / 2020年11月26日 14時45分

写真:Getty Images

25日、アルゼンチン、そしてフットボール界のレジェンドであるディエゴ・マラドーナ氏が他界した。60歳だった。

先月30日に60歳の誕生日を迎えたばかりのマラドーナ氏は、今月2日にサナトリオ・イペンサ・ラ・プラタ病院へ緊急入院。精密検査の結果、脳に硬膜下血腫が見つかったため、3日に緊急手術を受けていた。その後は状態が安定し、同11日に退院していた。


突然の訃報に全世界のフットボールファンが悲しみにくれる中、リバプールのユルゲン・クロップ監督がチャンピオンズリーグ(CL)のアタランタ戦後にコメントした。

「私は53歳だが、彼は人生の一部だったような気がする」

「私がまだとてもとても若かった頃、多分8歳か9歳か10歳頃だと思うが、初めて見た彼は16歳か17歳だった」

「どんなビデオを観ても、ボールをジャグリングしていた。その瞬間から、彼は私にとってこれぞ選手という存在になった」

「世界的にみれば、ペレ、マラドーナ、メッシ。ブラジル人が1人で、アルゼンチン人が2人という感じだろう。少し前に彼のドキュメンタリーを観たが、ディエゴはセンセーショナルな男で、マラドーナは苦労していた。私は両方が恋しくなるだろう」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング