大迫勇也と同級生の藤枝FW大迫希が現役引退「最後まで全力で戦います」

超ワールドサッカー / 2020年12月1日 13時33分

写真:©2020 FUJIEDA MYFC

藤枝MYFCは1日、MF大迫希(30)が今シーズン限りで現役引退することを発表した。

大迫は、日本代表FW大迫勇也(ブレーメン)とともに鹿児島城西高校で第87回全国高等学校サッカー選手権大会に出場。2009年にロアッソ熊本に入団した。

熊本では1年目から試合に出ると6シーズンを過ごし、J2で83試合に出場し11得点を記録。2015年はJFLのヴェルスパ大分へ完全移籍すると、JFLで19試合に出場。2016年に藤枝に加入した。

藤枝では10番を背負い、1年目からレギュラーとしてプレー。2019シーズンまでの4シーズンで98試合に出場し12得点を記録。しかし、今シーズンはここまで公式戦の出場がない。

大迫はクラブを通じてコメントしている。

「今シーズンで引退することを決断しました。高校を卒業し、ロアッソ熊本で6年、ヴェルスパ大分で1年、藤枝MYFCで5年。計12年プレーさせていただきました。全てのクラブに本当に感謝しています」

「支えてくれた方々、応援していただいたみなさん!本当にありがとうございました!残り4試合になりましたが、最後まで全力で戦います!」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング