フランス屈指の逸材MFトリソが決めた豪快な無回転ナックルシュート【インクレディブル・ゴールズ】

超ワールドサッカー / 2020年12月1日 21時0分

写真:Getty Images

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。

今回はバイエルンのフランス代表MFコランタン・トリソがリヨン時代に決めたゴールだ。


フランスの名門リヨンユース出身のトリソは、2014年にファーストチームデビュー。若き天才MFとしてビッグクラブの注目を集めた。

得点力、パス精度、守備力と、どれをとってもトップクラスの能力を持つトリソだが、2015年1月25日に行われたリーグ・アン第22節のメス戦では、豪快なゴールを決めている。

1-0とリヨンリードの83分、左サイド深部からマイナスのボールをボックス外で受けたトリソは、しっかりと狙いを定めロングシュートを放つ。強烈なシュートは、無回転のまま飛んでいき、GKの手前で急激に落ちると、ゴール左に見事に決まった。

見事な追加点でリードを広げたリヨンが、試合に2-0で勝利している。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング