アトレティコに痛手…賭博規制違反のトリッピアーに10週間の出場停止処分…

超ワールドサッカー / 2020年12月24日 1時8分

写真:Getty Images

イングランドサッカー協会(FA)は23日、賭博規制違反でアトレティコ・マドリーのイングランド代表DFキーラン・トリッピアーに対して10週間の出場停止と7万ポンド(約980万円)の罰金処分を科すことを決定した。

トリッピアーは今年5月、FAが違反行為に定める賭博に関与した疑いにより、協会側から告発されていた。

同選手は2019年夏にトッテナムからアトレティコに移籍する際、友人グループに移籍に関する内部情報を漏洩。たとえ選手自身が賭博を行っていなかったとしても、内部情報を基に第三者が賭けに参加することは禁じられている。

そして、FAの調査の結果、トリッピアーは7つの違反疑惑の内、3件の嫌疑は晴れたものの、残る4件の違反行為が立証されて前述の処分が科されることが決定した。

今後、トリッピアーの処分が確定した場合、12月23日付けで「すべてのサッカーおよびサッカー関連活動」が禁止となり、来年2月23日に予定されるチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16の1stレグ、チェルシー戦を含め同年2月末までに予定されるラ・リーガ10数試合を欠場することになる。

トリッピアーは今季ここまでのラ・リーガ13試合とCLグループステージ全6試合に出場。右サイドバックと右ウイングバックの絶対的な主力としてラ・リーガ首位チームを牽引する活躍を見せていた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング