甲府が伊藤監督の教え子MF山田陸を大宮から完全移籍で獲得「甲府の力になれるよう」

超ワールドサッカー / 2020年12月29日 13時59分

写真:©︎J.LEAGUE

ヴァンフォーレ甲府は29日、大宮アルディージャから期限付き移籍で加入していたMF山田陸(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。

山田は大宮の下部組織出身で、ジュニア、ジュニアユース、ユースとステップアップ。2017年にトップチームへ昇格すると、2018年はグルージャ盛岡(現いわてグルージャ盛岡)へ育成型期限付き移籍、2019年はAC長野パルセイロへ期限付き移籍、そして、今シーズンは甲府へ期限付き移籍していた。

甲府では、ユース時代の恩師である伊藤彰監督の下、今シーズンの明治安田J2で25試合に出場し1得点を記録。大宮ではリーグカップと天皇杯で1試合ずつに出場したのみだった。

山田は両クラブを通じてコメントしている。

◆ヴァンフォーレ甲府
「2020シーズンはありがとうございました。2021シーズンより完全移籍で加入し、昨年に続き、甲府でプレーすることができ、とても嬉しいです。甲府の力になれるよう、精一杯頑張りますので応援よろしくお願いします」

◆大宮アルディージャ
「小学生のころにアカデミーに加入し、これまで本当にお世話になりました。大宮でのプロ生活は一年でしたが、とても思い出深い一年でした。もう一度、大宮でプレーしたいという思いもありましたが、かなわず残念です。これまで支えてくださったチーム関係者、そしてファン・サポーターの皆さまに心から感謝します。ありがとうございました」

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング