長崎が横浜FMから期限付き移籍中のFWエジガル・ジュニオを完全移籍で獲得、シーズン途中加入で5得点

超ワールドサッカー / 2020年12月29日 15時26分

写真:©︎J.LEAGUE

V・ファーレン長崎は29日、横浜F・マリノスから期限付き移籍していたブラジル人FWエジガル・ジュニオ(29)が完全移籍で加入することを発表した。

エジガル・ジュニオは2019年にバイーアから横浜FMへ加入。シーズン序盤からゴールを重ね、明治安田J1で16試合で11得点を記録した。しかし、後半戦に入る前に負傷し、長期離脱していた。

2020シーズンは明治安田J1で16試合3得点を記録。しかし、シーズン途中にFWジュニオール・サントスが加入したことでポジション争いが激化。J1昇格を目指す長崎に期限付き移籍で加入すると、明治安田J2で11試合に出場し5得点を記録していたが、チームは昇格を逃していた。

エジガル・ジュニオは両クラブを通じてコメントしている。

◆V・ファーレン長崎
「長崎に来てからサポーターの皆さんには暖かく受け入れられ本当に感謝しています。皆さんの想いは、近くで感じさせていただきました」

「皆さんと一緒に新しいシーズンを迎えることができ、嬉しく思っています。一緒に私たちの目標達成に向けて頑張りましょう」

「今シーズンはあと一歩まで来ました。それは自信を持って良いですし、来シーズンのモチベーションにすべきです。そうすることで、私たちがたどり着きたかった場所に、辿り着けるでしょう」

「2021年、みんなで良い年にしていきましょう。Vamos,V・ファーレン!」

◆横浜F・マリノス
「トリコロールのファミリーの皆さん。私が日本に来た当初、皆さんの温かい受け入れ、声援、自分達の背中を後押しするサポートに感激しました。個人から寄せられるメッセージからもたくさん力をいただき、そのお陰でチームに溶け込む事ができましたし、活躍する事ができました。感謝の気持ちしかありません」

「これからもF・マリノスを応援して欲しいですし、私も応援しています!ありがとうございました!!」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング