J1復帰の福岡が今季主将を務めたMF前寛之ら5選手との契約更新を発表

超ワールドサッカー / 2020年12月29日 18時24分

写真:©︎J.LEAGUE

アビスパ福岡は29日、MF前寛之(25)、DF輪湖直樹(31)、FW石津大介(30)、GK村上昌謙(28)、GK山ノ井拓己(22)と2021シーズンの契約を更新したことを発表した。

2020年に水戸ホーリーホックから入団した前は、加入初年度ながら主将に抜擢。今季は安田生命J2リーグ30試合1得点の成績を収めた。

2008年にヴァンフォーレ甲府でプロキャリアをスタートさせた輪湖は、2018年に福岡入り。今季は明治J2リーグ34試合に出場した。

2012年に入団した石津は、ヴィッセル神戸での期限付き移籍を経て2017年に復帰。今季はJ2リーグ26試合出場で4得点を挙げた。

今季から福岡でプレーする村上は、J2リーグ14試合に出場。2017年から在籍する山ノ井は、今季最終節の徳島ヴォルティス戦でJリーグ初出場を果たして1-0の無失点勝利に貢献した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング