【天皇杯決勝プレビュー|川崎FvsG大阪】結束強まるフロンターレか、雪辱期すガンバか

超ワールドサッカー / 2021年1月1日 11時30分

写真:©︎CWS Brains, LTD.

【天皇杯決勝】
2021年1月1日(金)
14:40キックオフ
川崎フロンターレ(J1・1位) vs ガンバ大阪(J1・2位)
[国立競技場]

記念すべき第100回大会の元旦国立決戦に勝ち上がったのはJ1リーグ王者の川崎フロンターレと2位のガンバ大阪。川崎Fが制すればクラブ初優勝、G大阪に歓喜が訪れれば2015年以来、5季ぶり6度目の載冠となる。

◆バンディエラの最後を飾れ【川崎フロンターレ】

今季のJ1リーグで圧倒的な強さを見せつけ、記録ずくめの2季ぶり制覇を成し遂げた川崎F。鹿島アントラーズに屈して準優勝に終わった2016年大会以来の天皇杯決勝となる。

制すればクラブ初という部分だけでもチームの士気が高まるが、それ以上に負けられないワケがある。クラブのバンディエラである中村憲剛の現役ラストマッチだからだ。

さらに、今冬の海外挑戦が取り沙汰される守田英正も報道通りなら、川崎F退団前の最終戦に。両選手の新たな門出を祝すためにも、2冠達成で記録的な今季を締めくくりたい。

そんな川崎Fは今大会、準決勝からの登場となり、J3リーグ覇者のブラウブリッツ秋田と対戦して2-0の勝利。J3リーグ開幕28戦無敗で最速Vの相手を自慢の攻撃力でねじ伏せた。

決勝戦で対峙するG大阪とは今季2戦2勝。1stマッチこそ1-0のロースコアだったが、2季ぶりのJ1リーグ優勝を決めたリターンマッチは5-0の快勝で飾り、嫌なイメージがないに等しい。

そして、G大阪との3度目となる一戦に向け、登里享平の出場は難しそうだが、負傷明けの大島僚太と車屋紳太郎が準決勝から戦列復帰。戦力的にもほぼベストな陣容で挑めそうだ。

★予想スタメン[4-3-3]
GK:チョン・ソンリョン
DF:山根視来、ジェジエウ、谷口彰悟、車屋紳太郎
MF:田中碧、守田英正、大島僚太
FW:家長昭博、レアンドロ・ダミアン、三笘薫
監督:鬼木達

◆目前Vをやり返せ【ガンバ大阪】

近年のJ1リーグで中位を彷徨うシーズンが続いたG大阪だが、今季は粘り強い守備で接戦をモノにするスタイルで2位フィニッシュ。ここ数年の低迷から久々に上位進出を果たした。

ただ、元々は常勝が求められるチーム。復権をアピールするなら、タイトルが欲しい。遡れば、頂に立ったのは2015年の天皇杯が最後。過去9つのタイトル全ては遠藤保仁がいた頃だ。

新たな歴史を築いていくためにも、10個目の星が欲しいG大阪だが、相手は今季2戦2敗の川崎F。中村を有終の美で送り出そうと強い結束もあるが、G大阪にも意地と期する思いがある。

そんなG大阪はシーズン終盤に主力の故障者が相次いだが、ここに来て整いつつある。先の準決勝では宇佐美貴史と小野瀬康介が復帰。あとは井手口陽介がどうかというところだ。

準決勝ではJ2リーグ王者の徳島ヴォルティスと対戦。ボールを握るスタイルの徳島に守勢の時間が多かったが、粘り強い守備で勝機を引き寄せる、今季を象徴する戦いで勝ち切った。

守備の時間が多くなりそうな川崎F戦でも相手の隙を突く堅守速攻をどれだけ貫けるか。ハイプレスの機能性も見どころの1つになりそうだ。3度目の正直で、目前Vのやり返しを狙う。

★予想スタメン[4-4-2]
GK:東口順昭
DF:高尾瑠、三浦弦太、キム・ヨングォン、藤春廣輝
MF:小野瀬康介、矢島慎也、山本悠樹、倉田秋
FW:パトリック、宇佐美貴史
監督:宮本恒靖

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング