【1回戦まとめ】東福岡や市立船橋が順当勝利、京都橘、関東第一、神戸弘陵学園は大勝《高校サッカー選手権》

超ワールドサッカー / 2020年12月31日 22時30分

写真:©︎CWS Brains, LTD.

31日、第99回全国高校サッカー選手権大会が開幕を迎えた。

新型コロナウイルスの感染拡大の影響もあり、学校関係者以外の試合観戦が行えず、一般客がいないという異例の措置が取られている今大会。開会式も中止となり、各校が入場行進の映像と共に意気込みを語るリモートで実施。選手宣誓も全会場へ映像で届けられる形となった。

例年であれば開会式後に開幕ゲームが行われれるが、今大会は31日に一斉に各地で開幕した。

前回大会の優勝校である静岡学園が不在の今大会。1回戦では、桐蔭学園(神奈川)vs東福岡(福岡)、星稜(石川)vs作陽(岡山)といった強豪校同士の対決も実現した。

桐蔭学園vs東福岡の一戦は、前半に東福岡が同じような形から2ゴールを先取。後半も桐蔭学園を寄せ付けず、危なげなく0-2で勝利し、2回戦へ駒を進めた。

また、星稜vs作陽の一戦は、前半に星稜が2ゴールを奪って2点リードで後半へ。作陽は選手交代で流れを変えていくと、空中戦を生かして2点差を追いつきPK戦へ。PK戦では守護神がセーブを見せて3-5で勝利を収めた。

その他、Jリーグへの内定選手を4名抱える昌平(埼玉)と高川学園(山口)の一戦は、戦前の予想とは異なる展開に。高川学園が2点をリードしてタイムアップだと思われたが、昌平が驚異の粘りを見せる。

80分に1点を返すと、アディショナルタイム5分に奇跡の同点ゴール。そのままPK戦に突入すると、サドンデスに突入し8-7で昌平が勝利を収めた。

その他の1回戦結果と2回戦組み合わせは以下の通り。

◆1回戦結果
昌平(埼玉) 2-2(8PK7) 高川学園(山口)
山梨学院(山梨) 1-0 米子北(鳥取)
明桜(秋田) 3-4 那覇西(沖縄)
関東第一(東京B) 4-0 山辺(奈良)
桐蔭学園(神奈川) 0-2 東福岡(福岡)
前橋商(群馬) 1-2 神村学園(鹿児島)
札幌大谷(北海道) 0-1 大手前高松(香川)
帝京大可児(岐阜) 3-1 初芝橋本(和歌山)
鹿島学園(茨城) 1-0 海星(三重)
松本国際(長野) 0-6 京都橘(京都)
市立船橋(千葉) 4-1 佐賀東(佐賀)
遠野(岩手) 0-5 神戸弘陵学園(兵庫)
星稜(石川) 2-2(3PK5) 作陽(岡山)
日大山形(山形) 1-1(3PK5) 近江(滋賀)
丸岡(福井) 1-0 ルーテル学院(熊本)
東海学園(愛知) 0-2 明徳義塾(高知)

◆2回戦 対戦カード
▽1月2日(土)
《12:05》
京都橘(京都) vs 昌平(埼玉)
学法石川(福島) vs 創成館(長崎)
市立船橋(千葉) vs 那覇西(沖縄)
関東第一(東京B) vs 神戸弘陵学園(兵庫)
近江(滋賀) vs 神村学園(鹿児島)
富山第一(富山) vs 日本文理大附(大分)
堀越(東京A) vs 大社(島根)
丸岡(福井) vs 大手前高松(香川)

《14:10》
藤枝明誠(静岡) vs 新田(愛媛)
山梨学院(山梨) vs 鹿島学園(茨城)
仙台育英(宮城) vs 宮崎日大(宮崎)
履正社(大阪) vs 帝京長岡(新潟)
矢板中央(栃木) vs 徳島市立(徳島)
作陽(岡山) vs 東福岡(福岡)
帝京可児(岐阜) vs 明徳義塾(高知)
広島皆実(広島) vs 青森山田(青森)

×

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング