【ブンデス第14節プレビュー】新年初戦、日本人所属クラブが強豪と対戦

超ワールドサッカー / 2021年1月2日 18時0分

写真:Getty Images

2020年最終戦となった前節、レバークーゼンとバイエルンの首位攻防戦が行われ、競り勝ったバイエルンが首位を奪還して2020年を終えた。例年であれば1カ月のウインターブレイクとなるブンデスリーガだが、コロナの影響もあって過密の今季は他のリーグ同様、新年早々から再開となる。迎える第14節は2日と3日に行われ、日本人所属チームが強豪と対戦する。

まずは2位に後退したレバークーゼンに挑む9位フランクフルトから。DF長谷部が2試合連続スタメンとなった中、フランクフルトは前節アウグスブルク戦を快勝して10戦ぶりの勝利とした。悪い流れを断ち切った中、スピードスターの多いレバークーゼン相手に長谷部は老獪なディフェンスで抑え込むことができるか。一方で2試合連続スタメンを外れ、アウグスブルク戦では出場機会のなかったMF鎌田に出番が訪れるかにも注目だ。

対するレバークーゼンは前節バイエルン戦では2つのつまらないミスから2失点と、もったいない敗戦となった。バイエルン相手に互角に渡り合えていただけに悔しい敗戦となったが、切り替えて勝利を取り戻せるか。

続いてMF遠藤航の7位シュツットガルトが、3位ライプツィヒをホームに迎える一戦。シュツットガルトは前節ヴォルフスブルク戦では終始相手に主導権を握られた中、シャットアウト負けを喫した。遠藤は後半半ばから3バックの中央に入って攻撃的な布陣としたものの実らず、チームは4試合ぶりの黒星となったが、強豪ライプツィヒ相手に勝ち点を得られるか。

そして、MF堂安の16位ビーレフェルトは8位ボルシアMGとホームで対戦する。ビーレフェルトは前節シャルケ戦では今季未勝利で最下位に沈む相手に1-0とシャットアウト勝利。堂安も守備面で勝利に貢献した中、今節はより個人能力の高い選手が揃うボルシアMGが相手となるが、組織力で上回れるか。

今節はFW大迫ブレーメンとMF遠藤渓太のウニオン・ベルリンによる日本人対決も組まれている。ブレーメンは前節大迫が先発した中、マインツとの下位対決を試合終了間際の劇的弾で10戦ぶりの白星とした。良い形で2020年を終えられた中、ようやく自身先発試合で初勝利となった大迫は遠藤渓太の前でゴールとなるか。

対するウニオン・ベルリンは前節ドルトムント戦を2-1と勝利。遠藤渓太も後半半ばから出場して勝利に貢献した。こちらも強豪相手に勝利として5戦ぶりの白星とした中、2021年を良い形でスタートできるか。

レバークーゼンのミスを突いてしたたかに首位奪還としたバイエルンは17位マインツとのホーム戦に臨む。下位に沈む相手だけにここは必勝として新年をスタートし、首位をキープしたい。

ウニオン・ベルリンに敗れてテルジッチ体制2戦目で早くも黒星となった5位ドルトムントは、4位ヴォルフスブルクとの上位対決に臨む。FWムココにプロ初ゴールが生まれたドルトムントだが、不安定な試合が続くチームは好内容の試合が多いヴォルフスブルク相手に勝利を掴めるか。

◆ブンデスリーガ第14節
▽1/2(土)
《23:30》
ブレーメンvsウニオン・ベルリン
フランクフルトvsレバークーゼン
ホッフェンハイムvsフライブルク
ケルンvsアウグスブルク
ビーレフェルトvsボルシアMG
《26:30》
ヘルタ・ベルリンvsシャルケ
《28:30》
シュツットガルトvsライプツィヒ

▽1/3(日)
《23:30》
ドルトムントvsヴォルフスブルク
《26:00》
バイエルンvsマインツ

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング