市船がベスト8進出! FW加藤想音が1G1Aで仙台育英に完勝《高校サッカー選手権》

超ワールドサッカー / 2021年1月3日 14時15分

写真:©︎CWS Brains, LTD.

第99回全国高校サッカー選手権大会3回戦の仙台育英高校(宮城県)vs市立船橋高校(千葉県)が3日にフクダ電子アリーナで行われ、3-0で勝利した市立船橋が準々決勝に駒を進めた。

2回戦からの登場で宮崎日大高校(宮崎県)に完勝を収めた仙台育英と、堅守を武器に佐賀東高校(佐賀県)、那覇西高校(沖縄県)を撃破して3回戦に駒を進めた市立船橋による一戦。一進一退の序盤となるなか、市立船橋は敵陣中央でFKを獲得した11分、FW加藤想音⑪のロングパスをバイタルエリア左のDF針谷奎人⑯が折り返す。最後はボックス中央からMF佐久間賢飛⑩が左足フィニッシュに持ち込むも、相手GKの正面に飛んでしまう。

市立船橋に主導権を握られ、守勢の展開となった仙台育英はカウンターからチャンスを伺う。そのなかで38分にFW吉田健太⑩からのパスを受けたMF明石海月⑧がボックス右手前から右足クロス。ボックス中央に走り込んだFW佐藤遼⑨がダイビングヘッドで合わせにかかるが、わずかゴール右に外してしまう。

ゴールレスで試合を折り返すと、後半序盤の右CKを獲得した44分に市立船橋が均衡を破る。FW加藤想音のクロスをボックス中央のDF菅谷暁輝④が高打点のヘディングシュートを叩き込み、先制に成功する。

市立船橋はさらにその3分後、敵陣中央右サイドからMF八木智哉⑥がスルーパスを送ると、抜け出したFW加藤想音⑪がGKとの一対一を冷静に沈めて、瞬く間にリードを2点に広げた。

途中出場のFW沼口翔太⑨が60分に個人技から決定機を作るなど、2点のリードでも攻撃の手を緩めない市立船橋。71分に獲得した右CKの場面で、味方の供給したクロスを仙台育英GK高橋拓輝①が弾くと、このこぼれ球をMF佐久間賢飛⑩が押し込んで、決定的な3点目を手にした。

その後、77分にセットプレーの流れからFW吉田健太⑩いポスト直撃のシュートを許すなど、ヒヤリとする場面もあった市立船橋だが、仙台育英をシャットアウト。3-0の完勝を収めて、ベスト8進出を果たした。

仙台育英高校(宮城) 0-3 市立船橋高校(千葉)
【市立船橋】
菅谷暁輝(後4)
加藤想音(後7)
佐久間賢飛(後31)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング