J1昇格の徳島、清武功暉が琉球に完全移籍 「今年一緒に戦えないのは残念ですが…」

超ワールドサッカー / 2021年1月4日 11時15分

写真:©︎J.LEAGUE

FC琉球は4日、徳島ヴォルティスに所属するMF清武功暉(29)の完全移籍加入を発表した。

大分トリニータ下部組織出身の清武は福岡大学、サガン鳥栖、ロアッソ熊本、ジェフユナイテッド千葉を経て、2019年に徳島入り。2020年は明治安田生命J2リーグを制してJ1リーグ昇格を決めたチームのなかで、20試合3得点を記録した。

新シーズンから琉球でプレーする清武は両クラブを通じて次のようにコメントしている。

◆FC琉球
「FC琉球のみなさん、あけましておめでとうございます! 徳島ヴォルティスから加入する、清武功暉です! J1昇格目指して、共に闘いましょう! よろしくお願いします!」

◆徳島ヴォルティス
「2年間たくさんの応援ありがとうございました。昨シーズンはJ2優勝、J1昇格と僕のサッカー人生でとても大きな1年となりました! 今年一緒に戦えないのは残念ですが、徳島ヴォルティスがJ1で旋風を巻き起こすことを期待しています!」

×

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング