元ユナイテッドのラヴェル・モリソンがADOと契約解除

超ワールドサッカー / 2021年1月10日 3時44分

写真:Getty Images

ADOデンハーグは9日、イングランド人MFラヴェル・モリソン(27)との契約を双方合意の下で解除したことを発表した。

2009年にマンチェスター・ユナイテッドの下部組織に加入したモリソンは、同世代のフランス代表MFポール・ポグバやイングランド代表MFジェシー・リンガードよりも先んじて才能を認められた逸材。しかし、素行が悪く、暴行事件などのピッチ外トラブルもしばしばあり、ユナイテッドのトップチーム入りからわずか2シーズンで放出された。

その後はイングランドやイタリアだけでなく、メキシコやスウェーデンでもプレーし、2020年8月にフリーでADOに加入。しかし、これまで出場機会に恵まれず、公式戦5試合の出場にとどまっていた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング