L・アルベルト&カイセド弾のラツィオが監督交代のパルマに勝利《セリエA》

超ワールドサッカー / 2021年1月11日 1時4分

写真:Getty Images

ラツィオは10日、セリエA第17節でパルマとのアウェイ戦に臨み、2-0で勝利した。

前節フィオレンティーナ戦を2-1と逃げ切った8位ラツィオ(勝ち点25)は、インモービレとカイセドの2トップで臨んだ。

リベラーニ前監督を解任しダベルサ監督が復帰した18位パルマ(勝ち点12)に対して、ラツィオがポゼッションする流れで立ち上がった中、26分にピンチ。しかし、コーネリウスの決定的なヘディングシュートをGKレイナがビッグセーブで凌いだ。

失点を免れたラツィオは30分、カイセドが鋭い反転からボックス中央に侵入してシュートに持ち込むも、こちらもGKセペのファインセーブに阻まれる。

ダベルサ監督の復帰でモチベーションの高いパルマ相手にゴールレスで前半を終えた中、迎えた後半、55分にラツィオが均衡を破る。ボックス右のスペースを突いたラッツァーリのクロスをL・アルベルトがダイレクトで蹴り込んだ。

さらに67分、ラツィオが突き放す。インモービレのスルーパスに抜け出したミリンコビッチ=サビッチがGKの鼻先でボールを浮かしてラストパス。カイセドが無人のゴールに流し込んだ。

これで試合の大勢は決し、終盤にかけてはラツィオが試合をコントロール。監督交代のあったパルマを下して2連勝としている。

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング