【DAZN欧州組応援部】12月度のベストプレーヤーズを選出!TOP3に選ばれたのは?

超ワールドサッカー / 2021年1月14日 12時15分

写真:©STVV

DAZNと10のスポーツメディアで構成される「DAZN欧州組応援部」。その企画として、12月度月間ベストプレーヤーズが各メディアの投票により決定した。

この企画はDAZNで配信する欧州リーグ戦を対象に、対象期間内の日本人選手のパフォーマンスを10のメディアが独自の基準で評価。投票により、上位3選手を「月間ベストプレーヤーズ」として表彰するものだ。

対象となるリーグは、プレミアリーグ、ラ・リーガ、セリエA、リーグ・アン、ジュピラー・プロ・リーグ。今回は11/25(水)〜12/28(月)の試合を対象として、ベストプレーヤーを決定した。

★参加10メディア ※順不同
DAZN NEWS/Football ZONE WEB/サッカーキング/サッカーマガジンWEB/footballista/Qoly/Goal/MILKサッカーアカデミー/サッカーダイジェストWeb/超WORLDサッカー

「DAZN欧州組応援部」12月度のTOP3選手はこちら!



3位:FW南野拓実(リバプール)
Getty Images

出場試合:3試合(先発2試合)
出場時間:225分
成績:1ゴール0アシスト
チーム成績:1勝2分け


2020年の1月に加入した南野は、12月19日のプレミアリーグ第14節のクリスタル・パレス戦で待望のプレミア初ゴールを記録。中盤でのプレーでユルゲン・クロップ監督の信頼を得つつある中で、なんとか加入1年以内にリーグ戦でゴールを記録した。

2位:DF冨安健洋(ボローニャ)
Getty Images

出場試合:6試合(先発6試合)
出場時間:540分
成績:1ゴール0アシスト
チーム成績:1勝3分け2敗


11月度も2位だった冨安は、2カ月連続で2位にランクイン。安定したパフォーマンスでチームの守備を支えるとサイドバックでもプレー。チームも徐々に結果が出るようになり、12月23日のセリエA第14節のアタランタ戦では右サイドバックとして出場しシーズン初ゴールを記録した。

1位:FW鈴木優磨(シント=トロイデン)
©STVV

出場試合:6試合(先発6試合)
出場時間:497分
成績:3ゴール2アシスト
チーム成績:2勝1分け3敗


12月度の1位に輝いた鈴木はついに覚醒の予感。今シーズンはコンスタントに結果を残してきたが、12月に入り3ゴールを記録。アシストも2つ記録した。チームの結果がなかなか出ない中で、新監督を迎えても信頼を掴み取った。

超WS的期待の選手:MF森岡亮太(シャルルロワ)
Getty Images

出場試合:7試合(先発7試合)
出場時間:630分
成績:1ゴール2アシスト
チーム成績:3勝1分け3敗


期間中のゴールは1だが、2アシストを記録。チーム内での信頼を得ているほか、リーグ3位と状態は良い。ただ、期間中はチームとしてなかなか結果が出ず。それでも森岡が結果を残した試合は勝利しており、しっかりとこの先も数字を残したいところだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング