“ドイツのメッシ”と呼ばれたマリンがボルシアMG時代に決めた止められない一撃【ビューティフル・フリーキック】

超ワールドサッカー / 2021年1月16日 14時0分

写真:Getty Images

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。

この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。

今回は、サウジアラビアのアル・アハリ・ジッダに所属する元ドイツ代表MFマルコ・マリンがボルシアMGで決めたフリーキックだ。


2007年7月にボルシアMGのファーストチームに昇格したマリンは、その後移籍したブレーメンでブレイク。2012年夏にチェルシーに引き抜かれたものの、その後は各国を転々とし、現在はサウジアラビアでプレーしている。

スピードとテクニックを併せ持ったドリブルで相手を翻弄することから“ドイツのメッシ”とも呼ばれたマリンだが、ボルシアMG時代の2008年11月8日に行われたブンデスリーガ第12節のビーレフェルト戦では、見事なFKを決めている。

開始早々の6分、ボックス手前左でボルシアMGがFKを得ると、キッカーはマリン。短めの助走から狙いすましたコントロールシュートを放つと、美しい弧を描いたシュートがゴール左上に決まり、見事な先制点となった。

その後の80分には、マリンがドリブル突破から追加点を奪い、2ゴール目を記録。2-0でボルシアMGが勝利している。

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング