復帰のヨビッチが早速ドッペルパック、長谷部フル出場のフランクフルトがシャルケを退けて4連勝《ブンデスリーガ》

超ワールドサッカー / 2021年1月18日 4時6分

写真:Getty Images

フランクフルトは17日、ブンデスリーガ第16節でシャルケをホームに迎え、3-1で勝利した。フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場し、MF鎌田大地は79分から出場している。

前節マインツに快勝して3連勝とした9位フランクフルト(勝ち点23)は、長谷部が3試合連続でボランチ起用となった一方、鎌田が3試合ぶりにベンチスタートとなった。

前節1年ぶりの勝利を手にした17位シャルケ(勝ち点7)に対し、フランクフルトが立ち上がりから攻勢に出ると、鎌田に代わってシャドーの位置に入ったバルコクが決定的なシュートを浴びせていく。

引き続きエンジン全快で攻め立てるフランクフルトは24分に決定機。左CKからニアサイドのヒンテレッガーのヘディングシュートが左ポストに直撃した。

そして勢いそのまま28分にフランクフルトが押し切った。コラシナツのクリアミスを起点に、ドゥルムのパスをボックス中央で受けたアンドレ・シウバがトラップからシュートを蹴り込んだ。

しかし1分後、ヒンテレッガーとGKトラップが一瞬見合った隙を突かれ、ボックス右からホッペにシュートを決められてしまう。

すかさず同点とされたフランクフルトが引き続き攻勢に出ると、42分に決定機。ソウのスルーパスに抜け出したドゥルムがボックス右からシュート。だが、GKフェールマンの好守に阻まれた。

1-1で迎えた後半、フランクフルトが主導権を握る中、53分にヒンテレッガーをベンチに下げ、長谷部が3バックの中央に入った。

そのフランクフルトは62分にレンタルで復帰を果たしたヨビッチが投入される。すると72分、そのヨビッチが復帰戦でゴールを挙げる。左サイドからのコスティッチのクロスを右足ボレーで蹴り込んだ。

さらに後半追加タイム1分、コスティッチのスルーパスを受けたヨビッチがボックス左に侵入。冷静にDFを外してシュートを決めきった。

復帰のヨビッチがいきなりのドッペルパックでシャルケを退けたフランクフルトが4連勝としている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング