【2022年カタールへ期待の選手vol.62】キレと運動量、推進力、そして発言力。「右の長友佑都」は名古屋で羽ばたけるか?/森下龍矢(名古屋/DF)

超ワールドサッカー / 2021年1月19日 11時50分

写真:©︎J.LEAGUE

1月18日から2021年シーズンをスタートさせた名古屋。9年ぶりに参戦するAFCチャンピオンズリーグ(ACL)を踏まえ、柿谷曜一朗や齊藤学、長澤和輝など日本代表経験者を次々と補強し、J1屈指の充実した戦力で今季を迎えた。

そんな中、一番の成長株として期待されるのが、東京五輪代表候補の森下龍矢。明治大学から鳥栖入りした昨季は33試合出場3ゴールという目覚ましい成果を残し、他クラブからのオファーが殺到した。

このうち、本人が選んだのは名古屋。戦術家のマッシモ・フィッカデンディ監督の下で適応力や柔軟性を体得し、近い将来には海外に飛躍したいという野心を抱いての移籍だという。

「プロ1年で移籍したのは、まず(今年4月に迎える)24歳という年齢。大卒ですし、この年齢で新天地を求めることは別におかしいことじゃないと思いました。

もう1つは戦術面。(サガン)鳥栖は僕を生かした戦術を展開していたので『成功して当たり前』だったけど、これから東京五輪や海外を目指していく中で、自分がチーム戦術に合わせていくことも必要になってくる。名古屋(グランパス)は1年間貫いた戦術があるチーム。そこに自分がアジャストして、プラスアルファを出していけるか。成長のためにチャレンジしました」

このように野心を露わにする森下は、運動量と動きのキレ、ハードワークを武器に目下、急激な成長曲線を辿っている。そして新天地・名古屋ではさらなるタテへの推進力をもたらそうと躍起になっている。昨季まで右サイドバックを担ったオ・ジェソク(仁川)や若手の成瀬峻平とは異なる味を発揮してくれるはずだ。

昨年末には森保一監督率いるU-23日本代表候補合宿にも追加招集され、ダイナミックさとアグレッシブさを前面に押し出した。その一挙手一投足を目の当たりにした取材陣や観客の多くから「長友佑都(マルセイユ)そっくり」「人材不足の左サイドバックだったらよかったのに…」という感想が聞こえてきたほどだ。

「明治の先輩である長友さんと室屋(成=ハノーファー)の2人は『超えていきたい存在』だと思っています。『長友と室屋は僕と中村帆高(FC東京)にかぶる』ってOBからもよく言われています。本当にそれが実現したらいいと思います。その前に自分が一歩一歩、成長していく先に彼らがいる。まずは焦らずやっていきたい」と本人も偉大な先輩を意識しつつも、地に足をつけて自身のレベルアップに取り組んでいく構えだ。

こうしたハキハキした語り口も長友と重なる。長友は「コミュニケーションのワールドカップがあったら世界一になれる」と公言していたが、森下も素養は十分だ。

「(喋りが達者なのは)明治の就職活動仕込みだと思います。僕も帆高もユニバーシアード代表のアメリカ遠征の時にエントリーシートを書いて送り、実際に金融を受けました」と就活秘話まで明かしていたが、多種多様な人と会話する力は、トップアスリートとして成功するための絶対条件。それを備えている点は自信を持っていい。

同じ新加入組の柿谷が「名古屋はセレッソに比べるとだいぶ静かな印象」と語っていたが、そういうチームだからこそ、森下のように周りとしっかり意思疎通や意見交換のできる人材は重要だ。24歳というのはサッカー界ではもう若手とは言えない。自分から周りを動かすくらいのアクションを起こしてもいいだろう。

「名古屋の右サイドハーフはマテウス選手だったり、前田直輝選手だったりとサイドに張るウイングの選手が多いと思いますけど、僕は後ろからも脅威になれるプレーができると考えています。鳥栖では外側からの攻撃参加が多かったけど、名古屋では中でプレーしてフィニッシュまでつなげていくことが求められる。そこは僕の課題だし、新たなチャレンジになりますね」

そうやって幅広いプレーを身に着けていくことで、日本代表の右サイドバックである酒井宏樹(マルセイユ)や室屋に追いつき追い越す道が開けてくる。そのためにも、名古屋で鳥栖時代のようにコンスタントに出番を得て、圧倒的な存在感を示していく必要がある。昨季Jリーグベストイレブンに選ばれた山根視来(川崎)や大学時代の親友・中村帆高含め、Jリーグの数多くのライバルたちをしのぐ迫力と勢いを見せれば、森保監督を振り向かせることは可能なはず。2021年シーズンが大きな飛躍の年になるように、まずしっかりとマッシモ監督の守備戦術を頭に叩き込み、そのうえで武器の推進力を出す術を見出していってほしいものだ。

×

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング