アヤックスCEO、ユナイテッドで苦しむファン・デ・ベークを心配せず…「恥じることは全くない」

超ワールドサッカー / 2021年1月19日 11時55分

写真:Getty Images

アヤックス最高経営責任者(CEO)のエドウィン・ファン・デル・サール氏が自身の古巣マンチェスター・ユナイテッドで苦しむオランダ代表MFドニー・ファン・デ・ベークの状況を楽観視した。

ファン・デ・ベークは今季、アヤックスからユナイテッドに加入。ここまで公式戦21試合に出場しているが、途中出場がメインで、トータル852分間のプレータイムしか得られていない。

プレミアリーグのここ5試合に限ると、出番がなく、現状を危惧する外野から移籍を勧める声も挙がっているが、ユナイテッドに送り出した張本人のファン・デル・サール氏は心配していない。

現役時代にユナイテッドの絶対的守護神として一斉を風靡したファン・デル・サール氏は『Ziggo Sport』でファン・デ・ベークに移籍を勧めず、将来的に輝く瞬間が巡ってくると語った。

「私はクラブ(ユナイテッド)の人々とかなり話をする。彼は素晴らしい姿勢で、トレーニングをうまくやっている」

「(定位置確保は)難しいものさ。(ポール・)ポグバが戻り、(ブルーノ・)フェルナンデスが非常に重要な存在となるなかで、(ネマニャ・)マティッチと(スコット・)マクトミネイもいる」

「恥じることは全くない。ビッグクラブでもあるのだからね。もちろん、(移籍金は)多額だったが、彼らには彼なら大丈夫だという自信がある」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング