アストン・ビラ加入のサンソン、夢だったプレミア挑戦に興奮「あの激しさが好きなんだ」

超ワールドサッカー / 2021年1月27日 18時14分

写真:Getty Images

マルセイユからアストン・ビラに移籍したフランス人MFモルガン・サンソン(26)が、新天地での意気込みを語った。クラブ公式サイトが伝えている。

サンソンはマルセイユ時代、公式戦157試合に出場し25ゴール22アシストを記録。今シーズンもリーグ・アンで12試合に出場しており、2ゴール3アシストをマークするなど主軸として活躍していた。

サンソンの獲得にはウェストハムなども興味を示していたが、移籍金1400万ポンド(約20億円)を提示したと報じられるアストン・ビラが獲得に漕ぎ着けた形だ。

26日に移籍が正式発表されたサンソンは、クラブの公式サイトが実施したインタビューで移籍が実現した喜びを語っている。

「ここに来られて本当に幸せだ。アストン・ビラファミリーの一員になれて、とても誇らしいよ。これから一緒に素晴らしいことができるよう願っている」

「ここは魔法のようなクラブであり、イングランドを代表するビッグクラブだ。アストン・ビラに声をかけられた以上、長く考える必要はなかったよ。僕自身にとってもキャリアにとっても、最高のチャンスだったんだ」

「監督と話したけど、彼はファンにも評価されている素晴らしい監督だね。優れたフットボールを披露していて、選手のプレーも良い。このチームでプレーする選手には好印象を抱いているし、一緒にプレーできることにとても興奮している」

「チームや、そこで培われているスピリットが大好きだ。僕は戦士として、選手全員がチームのため、クラブのため走る姿が好きだからね。僕もクラブのため、ベストを尽くすよ」

また、サンソンはインタビューのなかで、プレミアリーグ挑戦は自身の夢だったとコメント。クラブで全力を尽くしたいと意気込んだ。

「プレミアリーグでプレーするのは、小さい頃からの夢だった。試合は見ていたし、あの激しさが好きだね。だから、アストン・ビラと共にプレミアリーグでプレーできることを、とても誇りに思うよ」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング