山東退団の元イタリア代表FWペッレがパルマ復帰

超ワールドサッカー / 2021年2月6日 2時45分

写真:Getty Images

パルマは5日、元イタリア代表FWグラッツィアーノ・ペッレ(35)の獲得を発表した。

ペッレはレッチェの下部組織出身で2003年7月にファーストチーム昇格。その後はカターニャやクロトーネ、チェゼーナへとレンタル移籍。2007年7月にAZへと完全移籍する。

2011年7月にはパルマへと完全移籍。その後、サンプドリア、フェイエノールトへのレンタル移籍を経て、2013年7月に完全移籍。サウサンプトンでのプレーを経て、2016年7月に中国スーパーリーグの山東魯能(現・山東泰山)へと完全移籍していた。中国スーパーリーグでは101試合に出場し51ゴール21アシストを記録。

イタリア代表としても20試合に出場し9ゴールを記録したペッレは、ユーロ2016に出場。主軸としてプレーした他、美人すぎる彼女が大きな注目を集めていた。

ペッレは2020シーズン限りで山東泰山を退団し、現在はフリーに。このオフは、話題の彼女との婚約が注目されていた。

パルマでは過去在籍時に14試合で2ゴール1アシストとあまりプレー機会はなかったが、降格圏の19位に位置しているチームを今回は救えるだろうか。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング