ヘルニア手術を受けたヴァーディがウルブス戦で復帰へ

超ワールドサッカー / 2021年2月6日 7時30分

写真:Getty Images

レスター・シティに所属する元イングランド代表FWジェイミー・ヴァーディが7日のプレミアリーグ第23節ウォルバーハンプトン戦で復帰するようだ。ブレンダン・ロジャーズ監督が試合に向けた会見で明かしている。

ヴァーディは以前から腰やそ径部に問題を抱えていたため、先月軽度のヘルニア手術を受け、リーグ戦ここ3試合を欠場していた。

その間、チームは1勝1分け1敗となっていたが、前節はフルアム相手に代役FWケレチ・イヘアナチョのゴールなどで勝利を挙げていた。

ロジャーズ監督はヴァーディの復帰について以下のように述べている。

「ジェイミーは我々にとってとても重要な存在だが、彼の復帰を急がせる必要がないことが素晴らしい。彼がベンチからでもスタートできるのは我々にとって大きな後押しとなる」

「前節はケレチが素晴らしいゴールを決めてくれた。自信を持っただろうし、ゴールはこれまでの彼の貢献が報われた証だ」

現在、首位のマンチェスター・シティを5ポイント差で追うレスター。昨季得点王で、今シーズンも18試合に出場し、チームトップの11ゴールを挙げる活躍を見せているヴァーディの復帰で2連勝を目指す。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング