アーセナルが連敗…デビュー戦の代役GKライアン奮闘もビラにシーズンダブル喫す《プレミアリーグ》

超ワールドサッカー / 2021年2月6日 23時30分

写真:Getty Images

プレミアリーグ第23節、アストン・ビラvsアーセナルが6日にビラ・パークで行われ、ホームのビラが1-0で勝利した。

現在10位のアーセナル(勝ち点31)は前節、ウォルバーハンプトンを相手に2人の退場者が響き1-2の逆転負けで8戦ぶりの黒星を喫した。その敗戦からのバウンスバックを図るこの一戦では9位のアストン・ビラ(勝ち点32)と対戦した。

ウルブス戦からはいずれも出場停止となる守護神レノ、ダビド・ルイスに代わってこれがデビュー戦となるGKライアン、ガブリエウが代役に起用された以外、同じメンバー構成となった。

試合は開始早々に動く。開始2分、ビラがGKから縦にパスを繋いで行きマッギンが前線に入れたロングボールをDFガブリエウが短くクリア。これを受けたセドリックがガブリエウにマイナスに戻すと、パスの弱さとコミュニケーション不足によってこれをトラオレに奪われる。そして、ボックス右から左足アウトでマイナスに折り返したボールをゴール前のワトキンスがダイレクトで合わすと、DFホールディングに当たってコースが変わったボールがゴール左隅に決まった。

軽率なミスからいきなりビハインドを負ったアーセナルはすぐさま反撃を開始。ラカゼット、スミス・ロウを起点に相手を押し込む形を作ってセットプレーを獲得するが、なかなかフィニッシュまで持ち込むことができず。

先制点以降、互いに決定機まで持ち込めない状況が続いた中、前半半ばを過ぎて徐々に試合が動き始める。まずは29分、アーセナルが相手陣内ボックス手前右で得たFKの場面でキッカーのジャカがゴール右上隅を捉える強烈なシュートを放って古巣対戦のGKマルティネスを脅かす。

直後の31分には左サイドでのビラの崩しからボックス中央で巧みなボールタッチでゴール前に抜け出したトラオレがループシュートで2点目に迫るが、ここはGKライアンが見事な反応で阻止。さらに、こぼれ球に反応したバークリーのシュートもDFのブロックに阻まれた。

その後はボールを握ったアーセナルが押し気味に試合を運びペペらに幾度かシュートチャンスが訪れたものの、中央の危険なエリアをきchしり固めるビラの守備をこじ開けることはできなかった。

互いに選手交代なしで臨んだ後半は積極的にシュートを打ち合うオープンな展開となる。前半同様にアグレッシブに試合に入ったビラはバークリー、ワトキンス、マッギンとボックス付近で積極的に足を振っていくが、GKライアンの好守に阻まれて追加点とはならず。

一方、前半は流れの中でのシュートがほとんどなかったアーセナルも52分にペペが放った枠のわずか右に外れる際どいシュートを皮切りにベジェリンのカットインからの左足シュートなど、良い形でフィニッシュに繋げていく。

何とか早い時間帯に追いつきたいアーセナルは59分、やや存在感を欠いていたラカゼットを下げてオーバメヤンをピッチへ送り込む。さらに、、65分にはセドリックを下げてウーデゴールを投入し、この交代でサカが左サイドバック、トップ下にウーデゴール、右ウイングにスミス・ロウという攻撃的な布陣に変更した。

そして、67分には左サイドの高い位置まで侵攻したサカの浮き球のクロスを中央のオーバメヤンが頭で合わすが、これは惜しくも枠の右に外れる。

その後、筋肉系のトラブルによってトーマスがプレー続行不可能となり、ウィリアンの投入を余儀なくされたアーセナルは、このアクシデントによって流れを失う。

一方、トラオレ、バークリーに代えてトレゼゲ、ラムジーとフレッシュな選手を投入したビラは79分、カウンターからボックス左で仕掛けたグリーリッシュがGKライアンにファインセーブを強いると、83分にも同じようなシチュエーションからワトキンスに2点目のチャンスも、左足のシュートはわずかに枠の右に外れ、試合を殺すことができない。

その後はアーセナルがサカの左サイドを起点に攻勢を仕掛けて同点を目指すが、最後まで集中力を切らさないホームチームの守備を最後までこじ開けることはできなかった。

そして、ビラに屈辱のシーズンダブルを喫したアーセナルは7戦無敗からの2連敗と再び厳しい状況に陥った。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング