1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

前回は大荒れの一戦、酒井&長友先発もPSGがマルセイユに快勝《リーグ・アン》

超ワールドサッカー / 2021年2月8日 10時35分

写真:Getty Images

7日、リーグ・アンのマルセイユvsパリ・サンジェルマン(PSG)の一戦が行われ、0-2でPSGが勝利を収めた。

この試合、日本代表DF酒井宏樹、DF長友佑都は互いに先発出場。酒井はフル出場、長友は57分に途中交代している。対するPSGはFWネイマールがベンチスタートとなった。

アンドレ・ビラス=ボアス監督の辞任騒動があったマルセイユがPSGを迎えた一戦。前回対戦は乱闘騒ぎに発展する残念な展開となったなか、マルセイユが勝利していた。

試合は9分、マルセイユのCKをPSGがクリア。ここから一気にカウンターが発動。最後はディ・マリアのスルーパスをスピードに乗って受けたムバッペが追いかけてきた酒井のスライディングをかわすと、そのまま冷静に流し込み、PSGが先制する。

先制を許したマルセイユは17分、右サイドへと展開すると酒井の丁寧なパスを受けたとヴァンがボックス内からシュート。しかし、これは相手のブロックに遭う。

22分には、再び右サイドへと展開。酒井がボックス付近から横パス。これをスルーし最後はロニエがシュートも、GKがキャッチする。

マルセイユにペースを握られたPSGだったが、24分に追加点。右サイドからのクロスに対してイカルディがニアサイドでヘッド。浮き球となったシュートが逆サイドのネットに吸い込まれ、PSGが追加点を奪う。

その後もペースを握るマルセイユは、44分にチャンス。右サイドでパスを受けたトヴァンがスルーパス。インナーラップした酒井がフリーで受けると、ボックス内から折り返すもブロックに遭ってしまう。
後半もマルセイユが押し込む時間帯があるものの、GKセルヒオ・リコの好セーブもあり得点を奪えず。徐々にPSGがペースを握り出すも、後半はゴールを奪えない。

82分にはカウンターから右サイドでボールを持ったルイス・エンリケがクロス。これに酒井が飛び込むと、マルキーニョスのバックパスを奪ってチャンスになるかと思われたが、わずかに合わずGKがキャッチ。そのままPSGが0-2で逃げ切り勝利を収めた。

マルセイユ 0-2 パリ・サンジェルマン
【パリ・サンジェルマン】
キリアン・ムバッペ(前9)
マウロ・イカルディ(前24)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング