ロッベン彷彿のムーブ!サネが決めた鋭いカットインからの止められないミドル【インクレディブル・ゴールズ】

超ワールドサッカー / 2021年2月10日 20時0分

写真:Getty Images

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。

今回はバイエルンのドイツ代表FWレロイ・サネが決めたゴールだ。

シャルケ、マンチェスター・シティでの活躍を経て、2020年夏にバイエルンに加入したサネ。長年不動の両ウイングを担ってきたFWアリエン・ロッベンと、FWフランク・リベリの後釜として期待されている。

突破力抜群のドリブルと、パンチのあるシュートで相手の脅威となるサネだが、2021年1月3日に行われたブンデスリーガ第14節のマインツ戦では、ロッベンを彷彿とさせる見事なゴールを決めている。

前半にマインツに2点を先制されながらも、後半早々にバイエルンが1点を返して迎えた55分、ボックス右角付近でパスを受けたサネは、鋭い動きで中央へカットイン。爆発的加速でマークを振り切ると、ペナルティーアーク中央まで進み、左足でシュート。力の入った低めのシュートは、ゴール左に決まり、見事な同点ゴールとなった。

このゴールで試合を振り出しに戻したバイエルン。後半は圧巻のゴールショーを見せ、5-2で逆転勝利を収めている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング