マクトミネイの公式戦3試合連続弾で延長戦を制したユナイテッドが8強進出!《FAカップ》

超ワールドサッカー / 2021年2月10日 7時5分

写真:Getty Images

FAカップ5回戦のマンチェスター・ユナイテッドvsウェストハムが9日に行われ、0-0で90分が終了。その後行われた延長戦の結果、1-0でユナイテッドが勝利した。

4回戦で昨季リーグ王者のリバプールを3-2で下したユナイテッドは、痛恨のドローに終わった直近のエバートン戦から先発を6人変更。カバーニやブルーノ・フェルナンデス、GKデ・ヘアらに代えてマルシャルやファン・デ・ベーク、GKディーン・ヘンダーソンを先発で起用した。

一方、4回戦でリーグ1(イングランド3部)に所属するドンカスター・ローバーズに完勝したウェストハムは、直近のフルアム戦から先発を3人変更。リンガードやアントニオ、ベンラーマにかえてヤルモレンコ、ノーブル、フォルナルスを先発で起用した。

最前線にマルシャル、2列目に右からグリーンウッド、ファン・デ・ベーク、ラッシュフォードを並べた[4-2-3-1]で試合に臨んだユナイテッドが、立ち上がりからボールを保持するもソリッドな守備を見せるウェストハムを崩せず、シュートまで持ち込めない時間が続く。

そんな中、ユナイテッドは16分に最初の決定機を迎える。テレスの左クロスをボックス中央で収めたマルシャルの落としをグリーンウッドがダイレクトシュート。しかし、これはクレスウェルのスライディングブロックに阻まれた。

さらに27分には、テレスの左CKからリンデロフがヘディングシュートを放ったが、好反応を見せたGKファビアンスキが左手で弾いたボールは左ポストを叩いた。

ハーフタイムにかけてもユナイテッドが押し込む展開としたものの、チャンスを生み出せず、前半はゴールレスで終了した。

ハーフタイムで2枚替えを敢行したウェストハムに対し、ユナイテッドは53分に決定機。グリーンウッドの右クロスが中央のマルシャルに当たると、浮いたボールをファーのラッシュフォードが胸トラップからボールを収めてシュートに持ち込んだが、これは飛び出したGKファビアンスキのブロックに阻まれた。

先制点が欲しいユナイテッドは、73分にファン・デ・ベークとマティッチを下げてブルーノ・フェルナンデスとマクトミネイを投入。さらに86分にはグリーンウッドを下げてカバーニをピッチに送り出した。

その後も攻勢を続けたユナイテッドだが、最後までウェストハム守備陣を崩すことができずにタイムアップ。結局、90分では決着が付かず試合は延長戦に。

迎えた延長前半、ユナイテッドはワン=ビサカとテレスを下げてショーとB・ウィリアムズを投入。すると延長前半7分、ブルーノ・フェルナンデスのパスでボックス左深くまで抜け出したフレッジがクロスを供給。これは相手DFにクリアされるも、こぼれ球に反応したラッシュフォードの落としを最後は走り込んだマクトミネイがゴール右隅に流し込んだ。

結局、これが決勝点となり1-0で勝利したユナイテッドがベスト8進出を決めた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング