1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

ナポリがウノゼロでスーペル・コッパのリベンジ達成、低調ユベントスはCLポルト戦へ不安《セリエA》

超ワールドサッカー / 2021年2月14日 4時0分

写真:Getty Images

セリエA第22節、ナポリvsユベントスが13日に行われ、1-0でナポリが勝利した。

今季の1stマッチが延期され、先月対戦したスーペル・コッパではユベントスに軍配が上がっていた今カード。

クリバリの不在が響いて前節ジェノアに敗れたナポリ(勝ち点37/1試合未消化)は、6位に後退。さらにマノラスも負傷し、4日前に行われたコッパ・イタリア2ndレグのアタランタ戦では1-3と完敗し敗退に終わった。波に乗り切れずガットゥーゾ監督の首元が涼しくなってきた中、現状のベストメンバーでスーペル・コッパのリベンジを狙った。

一方、前節ローマ戦を守備重視の戦いでシャットアウト勝利とし、3位に浮上したユベントス(勝ち点42/1試合未消化)は、5日前に行われたコッパのインテル戦ではゴールレスドローに持ち込み、決勝進出を果たした。4日後にはチャンピオンズリーグ(CL)のポルト戦を控える中、ボヌッチやアレックス・サンドロ、マッケニーがベンチスタートとなった。

時間の経過とともにユベントスがポゼッションを高めていった中、慎重に戦っていたナポリが28分にPKを獲得する。FKの流れでボックス内のラフマニがキエッリーニに顔をはたかれるとVARの末にPK判定となった。このPKをインシーニェが決めてナポリが先制した。

ナポリは先制後も自陣に引いて守備ブロックを形成。ユベントスに隙を見せず1点をリードしたまま前半を終えた。

低調な前半を終えて迎えた後半、ユベントスはクアドラードに代えてアレックス・サンドロを投入。ダニーロが右サイドバックに回った。

そのユベントスは開始4分にこの試合最初の決定機。しかし、左CKからルーズボールをゴール至近距離のC・ロナウドがプッシュにかかるも、GKメレトのセーブに阻まれた。

その後は攻めあぐねるユベントスは63分にベルナルデスキに代えてマッケニーを投入。すると68分、アレックス・サンドロがボレーシュートで牽制した。さらに74分、カウンターからC・ロナウドがGK強襲のシュートを浴びせた。

終盤にかけてはユベントスの攻勢が強まり、85分にキエーザが際どいミドルシュートを浴びせると、1分後にはモラタが左クロスを受けて反転から決定的なシュートを放った。

しかしGKメレトが立ちはだかり、ナポリがウノゼロで逃げ切り。公式戦連敗を止め、上位陣に食らいついている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング