1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

左サイドを単独で蹂躙!コロナが見せたスーパーなドリブル【ベスト・アシスト】

超ワールドサッカー / 2021年2月14日 16時0分

写真:Getty Images

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。

今回はポルトのメキシコ代表MFヘスス・マヌエル・コロナが記録したアシストだ。

メキシコの強豪モンテレイでキャリアをスタートしたコロナは、トゥベンテで頭角を現し、2015年夏にポルトに加入。主力として公式戦252試合に出場している。

積極的なドリブルな仕掛けが持ち味のコロナだが、2021年2月7日に行われたプリメイラ・リーガ第18節のブラガ戦では、圧巻のアシストを記録している。

1-0とポルトリードの54分、左サイドでボールを持ったコロナは、ゆっくりしたドリブルでそのままボールを運ぶと、一気に急加速。相手との競り合いを制して、ボックス内に侵入すると、ゴールライン際まで抜け出し、浮き球のパスを中央に出す。FWメフディ・タレミがこのパスにボレーを合わせ、見事な追加点を決めた。

このゴールで2-0としたポルトだったが、後半ブラガの反撃に遭い、試合は2-2のドローに終わっている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング