海外組のFW陣は復調するか/六川亨の日本サッカーの歩み

超ワールドサッカー / 2021年2月16日 12時15分

写真:Getty Images

昨夜14日は21時からプレミアリーグのサウサンプトン対ウルブス戦、22時からはラ・リーガのヘタフェ対レアル・ソシエダ戦をDAZNで観戦した。サウサンプトンの南野拓実はホーム初スタメンとなる序盤こそ左MFの位置で攻撃に絡み、10分には惜しい左足シュートを放ったが、時間の経過とともに次第に画面からフェードアウトする。

ドリブルで仕掛けるシーンは皆無で、パスが来ても無理せずリターンすることが多く、見ていてフラストレーションばかりが募った。試合はイングスの鮮やかなボレーで先制したサウサンプトンだったが、51分にPKから同点にされると、南野は62分に交代を余儀なくされる。そしてチームは66分に逆転ゴールを許して逆転負け。この結果6連敗で13位に後退した。

一方ヘタフェの久保建英は、前節のレアル・マドリー戦同様アレーニャとともにベンチスタート。チームは30分に左クロスから失点すると、ホセ・ボルダラス監督は58分に久保とアレーニャを同時投入したもののスコアを動かすことはできず、4試合連続ノーゴールの3連敗とこちらも泥沼にはまっている。

久保は交代直後の66分に右FKからゴールを狙ったが、ニア上狙いのシュートは低い弾道のため壁にブロックされてしまう。このシーン以外は、ヘタフェがロングボールを多用したため空中戦の競り合いと、こぼれ球に両チームの選手が殺到する肉弾戦となり、久保とアレーニャを起用した効果はほとんどなかった。

もしもこの2試合をFC東京のファン・サポーターが見ていたら、きっと「シュート打て!」と叫んでいたことだろう。

この2人に限らず、ブレーメンの大迫勇也は13日のフライブルク戦に80分から登場したものの見せ場を作ることはできなかった。

ほんの1年ほど前は、東京五輪のOA(オーバーエイジ)枠で1トップの絶対的候補にあげられていた大迫だが、今シーズン聞こえてくるのはネガティブな報道ばかり。

彼らだけでなく、海外でプレーする攻撃的なポジションの日本人選手は、押し並べて評価が低い。かろうじて鈴木優磨(シント=トロイデン)と伊東純也(ヘンク)が1月は結果を残したが、代表クラスの選手はほとんど国外でプレーしているベルギーリーグでの活躍のため、割り引いて考えるのは酷な仕打ちだろうか。

逆に評価を高めているのがセリエAとブンデスリーガの2人だ。冨安健洋(ボローニャ)と吉田麻也(サンプドリア)は試合結果にかかわらず高評価を得ている。同じくシュツットガルトの遠藤航も評価を高めた昨シーズンだったし、それは今シーズンも変わらない。さらに試合を重ねるたびにメディアも驚いているのが長谷部誠(フランクフルト)だ。

本人は代表からの引退を表明しているものの、リベロもしくはボランチとして必要なら代表に再招集すべきではないだろうか(FC東京の森重真人の左右両足の正確なフィードも代表の武器になると思っている)。

今週末の20日はゼロックス・スーパーカップが開催され、来週26日にはJ1リーグの開幕でシーズンインを迎える。そして3月は、25日にW杯アジア2次予選のミャンマー戦、30日はモンゴル戦が控えている。

新型コロナの影響次第だが、2月12日現在の外務省ホームページはドイツ、スペイン、フランス、ベルギー、ポルトガルが日本からの入国を禁止している。イタリアとUAEは入国に際し条件付きか行動制限が課されている。

コロナ規制の緩和状況にもよるが、大迫、久保、南野、そしてアル・アイン(UAE)でデビューした中島翔哉らはコンディションと同時に、チームの所在地の条例により再入国に厳しい制限があるのなら招集を断念し、3月の代表戦の攻撃陣は国内組で編成しなければならないかもしれない。

そこで問題は、国内組でどんな攻撃陣を組めるかということになる。こちらは過去の実績に加え、今シーズンの活躍次第ということになるだろう。候補としては川崎Fの小林悠、家長昭博、三笘薫、横浜FMの前田大然、鹿島の上田綺世といったところか。それとも意外なニューカマーが出現するか。ここらあたりに注目して見るのも面白いのではないだろうか。


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング