【J1開幕直前ガイド|清水エスパルス】今オフの主役、ロティーナ体制で逆襲へ

超ワールドサッカー / 2021年2月18日 22時25分

写真:©︎J.LEAGUE

2021シーズンの明治安田生命J1リーグは2月26日に開幕。昨シーズンは降格がなくなったため、今シーズンは史上初となる20チームでのJ1リーグとなる。

昨シーズンに引き続きコロナ禍でのリーグ戦開催となる中、各クラブが積極的な補強や、チームの改革を行っている。

そこで、開幕を前に超ワールドサッカー編集部が、チームのノルマや補強達成度、イチオシ新戦力、そしてJリーグの開幕キャチコピーとして発表された「#2021のヒーローになれ」にあやかり、今シーズンのヒーローになるべき選手をピックアップした。

第5弾は、昨シーズンの明治安田J1で16位に終わったベガルタ仙台を紹介する。

◆補強動向《S》※最低E~最高S
【IN】
GK永井堅梧(26)←松本山雅FC/完全移籍
GK権田修一(31)←ポルティモネンセ(ポルトガル)/期限付き移籍
DF片山瑛一(29)←セレッソ大阪/完全移籍
DF鈴木義宜(28)←大分トリニータ/完全移籍
DFウィリアム・マテウス(30)←コリチーバ(ブラジル)/完全移籍
DFノリエガ・エリック(19)←FC町田ゼルビア/復帰
MF原輝綺(22)←サガン鳥栖/完全移籍
MF中山克広(24)←横浜FC/完全移籍
MF滝裕太(21)←カターレ富山/復帰
MF成岡輝瑠(18)←清水エスパルスユース/昇格
FWチアゴ・サンタナ(27)←サンタ・クララ(ポルトガル)/完全移籍
FWディサロ燦シルヴァーノ(24)←ギラヴァンツ北九州/完全移籍
FW指宿洋史(29)←湘南ベルマーレ/完全移籍
FW栗原イブラヒムジュニア(19)←アスルクラロ沼津/復帰

【OUT】
GKネト・ヴォルピ(28)→未定
GK新井栄聡(25)→ブラウブリッツ秋田/完全移籍
GK西部洋平(40)→カターレ富山/完全移籍
GK梅田透吾(20)→ファジアーノ岡山/期限付き移籍
GK髙木和徹(25)→V・ファーレン長崎/期限付き移籍延長
GK六反勇治(33)→横浜FC/期限付き移籍→完全移籍
DF吉本一謙(32)→現役引退
DF金井貢史(31)→ヴァンフォーレ甲府/完全移籍
DF伊藤研太(21)→沖縄SV/完全移籍
DFファン・ソッコ(31)→サガン鳥栖/完全移籍
MF六平光成(30)→ギラヴァンツ北九州/完全移籍
MF西村恭史(21)→ギラヴァンツ北九州/期限付き移籍
MF髙橋大悟(21)→ギラヴァンツ北九州/期限付き移籍延長
FWジュニオール・ドゥトラ(32)→未定
FWティーラシン・デーンダー(32)→BGパトゥム・ユナイテッドFC(タイ)/完全移籍
FW川本梨誉(19)→ファジアーノ岡山/期限付き移籍
FW平墳迅(21)→鈴鹿ポイントゲッターズ/完全移籍
FW鄭大世(36)→FC町田ゼルビア/完全移籍

選手補強という点で見れば、今オフの主役と言っても良い清水。選手の数だけでなく、それぞれの選手の実績やチームへの貢献度も考えて、大きなプラスになったと言えるだろう。

もちろん、蓋を開けて見なければ分からないということ、そしてチームとしてどう機能するのかはわからないが、昨シーズンの不甲斐ない成績から一気に飛躍できる可能性を期待せずにはいられない面子が揃った。

なんと言っても大きな補強は、守護神だ。2020シーズンはケガやパフォーマンスの低さなどで安定しなかったポジションだが、昨年から残ったのは大久保択生のみ。そこに加わったのが、ギラヴァンツ北九州で正守護神を張っていたGK永井堅梧、そして日本代表の守護神でもあるGK権田修一をポルティモネンセから期限付きで獲得した。一気に層が厚くなった守護神争いは、チームにプラス効果となるはずだ。

そして最終ラインも顔ぶれが変わった。何と言っても、大分トリニータの屋台骨だったDF鈴木義宜を獲得できたことは大きい。さらに、左右のサイドバックやウイングバックでプレー可能なDF片山栄一(←セレッソ大阪)、そして中盤の登録ながらディフェンスラインでプレーするMF原輝綺(←サガン鳥栖)を獲得。ヴァウド共に堅い守備を築けるはずだ。

中盤にもサイドアタッカーのMF中山克広(←横浜FC)を補強。金子翔太や西澤健太に頼りきりだったところへ、新たなピースを加えた。

そしてFW陣には、ポルトガルのサンタ・クララからFWチアゴ・サンタナを獲得すると、昨季の明治安田J2で18得点を記録したFWディサロ燦シルヴァーノ(←ギラヴァンツ北九州)、ターゲットマンとなるFW指宿洋史(←湘南ベルマーレ)を獲得。チームとして一気に厚みを増した補強に、本気度が伺える。

◆目標:上位争い

©J.LEAGUE

昨シーズンはピーター・クラモフスキー監督を迎え、攻撃的なスタイルへと転換しようとした清水だったが、志半ばで監督交代に。その清水は、東京ヴェルディ、セレッソ大阪で指揮を執っていたミゲル・アンヘル・ロティーナ監督を招へいした。

Jリーグ屈指の戦術家として知られるロティーナ監督だが、チームとしてはスタイルが大きく変わることになるため、どこまで戦い方を浸透させられるかが重要となる。

C大阪時代の監督就任時には、頭で理解していてもプレーに移すことが難しいという表現を使っていたが、清水でも同様のことは起こる可能性がある。プレスのかけ方、そして何よりも選手のポジショニングが最も難しい要素となるだろう。

それでも、各ポジションに能力の高い選手を揃えていることは事実。その中で、戦術理解が深まっていくタイミングを早められれば、残留争いなどではなく、一桁順位、また上位争いも不可能な目標ではない。

新外国人選手が合流できないチームが多い中で、清水はFWチアゴ・サンタナは合流済み。その点も大きなアドバンテージとなりそうだ。何れにしても、監督が代わり、やり方が変わっているだけに、いかに早く結果を残し、不安を払拭していくことが順位を左右しそうだ。

◆超WS編集部イチオシ新戦力
GK権田修一(31)
Getty Images

編集部がイチオシしたい新戦力は、日本代表の守護神でもあるGK権田修一だ。

ポルティモネンセへと活躍の場を移していた権田だが、今シーズンは試合に絡むことがなく、去就を考えていたところ。昨年10月、11月の日本代表活動に参加した際も、日本を含めて移籍を考えるとしていた。

そんな中、清水への期限付き移籍加入が決定。守護神に苦しんでいた清水にとっては、願っても無い補強となったはずだ。

シュートストップの技術はもちろんのこと、経験値も高く、的確なコーチングも行える。新戦力が多い中で、リーダーシップも取れる権田の存在は、チームに安定感をもたらせるはずだ。

失点しなければ負けることはない競技だけに、権田を中心とした守備陣がどこまで機能するか。期待が集まる。

◆2021年期待のヒーロー
DF鈴木義宜(28)
©J.LEAGUE

今シーズン期待するヒーローは、大分トリニータから移籍加入したDF鈴木義宜だ。

多くの実力ある選手が加入し、攻撃的な選手にも大きな期待が寄せられる中、チームのヒーローとして期待したいのが鈴木だ。

大分では3バックの中央として最終ラインを統率。後ろからチームをコントロールし、危険な場所には必ず顔を出すなど、その守備力はすでに証明済みだ。

また、対人能力も高く、昨シーズンは得点王のFWオルンガを封殺するなど、簡単に一対一の競り合いで負けることはほとんどない。

昨シーズンの大きな課題は、安定感を欠いていた守備にあり、その点では鈴木にかかる期待は大きい。

ロティーナ監督はC大阪でも強固な守備を構築しており、清水もそれができるだけのメンバーは揃っている。チームの骨格を作る上でも、鈴木の活躍が勝ち点を積み上げる上では重要になるだろう。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング