CL連覇を目指すバイエルンの“ニューカマー”、17歳のMFミュージアラが秘める可能性

超ワールドサッカー / 2021年2月19日 20時30分

写真:Getty Images

圧倒的な強さでドイツサッカーの頂点に立ち続けるバイエルン。2019-20シーズンは国内タイトルのみならず、チャンピオンズリーグ(CL)でも優勝。さらに、先日行われたクラブ・ワールドカップでも見事に優勝を果たし、シーズン6冠の偉業を成し遂げた。

世界的に見ても、スター選手が揃っているバイエルン。FIFA最優秀選手賞を受賞したポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキを筆頭に、代表クラスの選手たちがチームを支えている。

そんなタレント集団において、一際目を惹く存在であるのが、MFジャマル・ミュージアラだ。

ナイジェリア人の父とドイツ人の母の間に誕生したミュージアラは、ドイツのシュツットガルト出身。国籍はイングランドを選択し、サウサンプトンのアカデミーとチェルシーのユースで育った異色の経歴を持っている。

境遇も驚くべきことながら、さらに驚かされるのが年齢。まだ17歳というから衝撃だ。

チェルシーユースからバイエルンユースへと移籍したミュージアラは、2019-20シーズンの終盤にデビューを飾ると、2020年7月に17歳でバイエルンのファーストチームへと成績に昇格した。

今シーズンは開幕戦で途中出場を果たすと、その後は先発する機会もあり、ここまで公式戦23試合に出場し3ゴールを記録している。

ブンデスリーガでは15試合に出場しており3ゴールを記録。チャンピオンズリーグでもグループステージで3試合に出場し、ハンジ・フリック監督の下で着実に経験を積んでいる。

CLではゴールがないがブンデスリーガでのゴールは驚くべきもの。初ゴールを決めた開幕戦のシャルケ戦では、左サイドでドリブルを仕掛けるとカットイン。そのままボックス内に侵入し、キックフェイントでDFを釣るとニアサイドへと蹴り込んだのだ。思い切りの良さに、スターの片鱗を見たのは間違いない。

第10節のRBライプツィヒ戦では、ボックス手前で横パスを受けると、豪快に右足一閃。コースを狙ったシュートは、GKも一歩届かずゴール右に決まっていた。
元々は攻撃的なMFのポジションでプレーしていたミュージアラだが、左ウイングやセントラルミッドフィルダーとしても起用されることが多い。17歳にして様々なポジションで起用されること自体、大きな才能の塊だと言えるが、それぞれのポジションで自身の特徴を発揮している。

ウインガーらしくスピードとドリブルのテクニックに優れる一方で、フィニッシュの精度も高い攻撃的な選手。17歳とは思えない落ち着きも見せており、あまり大々的に取り上げられていないことが不思議なぐらいだ。

選手層の厚いバイエルンにおいて、レギュラーポジションを掴むにはまだまだ磨く必要があるが、確実にチームの攻撃のオプションとして計算されているミュージアラ。攻撃のアクセントとして、試合の途中で流れを変える役割を任されることとなるはずだ。

激しいタイトル争いの中にあっても、首位に君臨しているバイエルン。“ワンダーボーイ”のような存在になれば、バイエルンのCL連覇も夢ではなく、現実のものとなるだろう。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング