絶妙パスで相手を翻弄!マルセイユ酒井が見せた技ありアシスト【ベスト・アシスト】

超ワールドサッカー / 2021年2月21日 16時0分

写真:Getty Images

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。

今回はマルセイユの日本代表DF酒井宏樹が記録したアシストだ。

2012年にドイツへ渡り、海外挑戦を開始した酒井は、2016年夏にフランスの名門マルセイユに加入。安定感のあるパフォーマンスを見せ、定位置を掴んでいる。

対人戦の強さに加え、高いクロス精度を活かして味方のゴールをお膳立てすることも多いが、2017年11月29日に行われたリーグ・アン第15節のメス戦では、絶妙なアシストを記録している。

2-0とマルセイユリードの71分、守りを固めてきた相手に対し、攻撃参加していた酒井が相手陣内中央やや右でボールを受ける。FWフロリアン・トヴァンとのパス交換からボックス内に抜け出した酒井は、相手を引き付けた絶好のタイミングで、ゴール前のFWルーカス・オカンポスに横パス。完全にフリーとなったオカンポスが落ち着いてシュートを沈め、試合を決定づける3点目を挙げた。

試合はそのままマルセイユが3-0と完勝している。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング