ブレーメンが好調フランクフルトに逆転勝利!長谷部、鎌田は先発も大迫欠場で日本人対決は実現せず《ブンデスリーガ》

超ワールドサッカー / 2021年2月27日 6時37分

写真:Getty Images

ブンデスリーガ第23節のブレーメンvsフランクフルトが26日に行われ、2-1でブレーメンが勝利した。ブレーメンのFW大迫勇也はベンチ入りも出場せず、フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場、鎌田大地は65分までプレーした。

リーグ戦3試合勝利のない12位ブレーメン(勝ち点23)が、5連勝中の4位フランクフルト(勝ち点42)をホームに迎えた一戦。

前節ホッフェンハイムに0-4の大敗を喫したブレーメンは、その試合から先発を2人変更。大迫は7試合連続のベンチスタートとなった。

一方、前節首位バイエルンとの上位対決を制したフランクフルトは、その試合から先発を3人変更。ヨビッチやA・トゥーレ、エンディカに代えてアンドレ・シウバ、ソウ、ドゥルムが先発に名を連ねた。

鎌田を2シャドーの一角、長谷部を3バックの真ん中に配置した[3-4-2-1]で臨んだ好調フランクフルトは、早い時間に先制する。9分、ショートコーナーを受けたコスティッチの左クロスをアンドレ・シウバがヘディングで叩き込んだ。

先制を許したブレーメンは26分、ペナルティアーク手前で獲得したFKからチャンスを迎えたが、ラシツァの直接FKはGKトラップのセーブに弾かれた。さらに28分には、シュミットのスルーパスに抜け出したラシツァがボックス左からシュート。GKトラップが弾いたボールをサージェントが押し込んだが、スルーパスを受けた段階でラシツァがオフサイドと判定され、ノーゴールに。

猛攻を仕掛けるブレーメンは、34分にもボックス右から侵入したラシツァがゴールに迫ったが、シュートはクロスバーに阻まれて前半のうちに追いつくことはできなかった。

それでも、後半に入って攻勢を見せるブレーメンは47分、バイタルエリア手前のラシツァがボックス右のスペースへ斜めのパスを入れると、走り込んだゲブレ・セラシェがボックス右からシュートを流し込み、開始早々に同点に追いつく。

同点弾で勢いづくブレーメンは、62分にもM・エッゲシュタインのパスでボックス右に抜け出したサージェントがゴール左隅にシュートを流し込み、逆転に成功した。

立て続けに失点を許したフランクフルトは、65分に鎌田、ローデ、ドゥルムを下げてヨビッチ、フルスティッチ、バルコクを投入する3枚替えを敢行。しかし、再びチャンスを迎えたのはホームチームだった。

69分、ラシツァの浮き球パスで抜け出したサージェントがボックス右から折り返すと、これを中央のシュミットが流し込んだが、VARの末にサージェントがオフサイド判定となり、ゴールは取り消された。

VARに救われたフランクフルトは76分、左サイドを持ち上がったコスティッチの横パスをペナルティアーク左で受けたアンドレ・シウバがトラップでボックス内まで侵入し左足を振り抜いた。しかし、このシュートはGKパブレンカの好セーブに阻まれた。

試合終盤にかけてもフランクフルトは猛攻を仕掛けたが、焦り過ぎて空回り。最後まで失点を許さなかったブレーメンが1点を守り切り、4試合ぶりの勝利を飾った。一方、6連勝を逃したフランクフルトは今季3敗目となった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング