1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

抜群の決定力は変わらず!サンテチェンヌでオーバメヤンが決めたキャリア初ハット【ハットトリック・ヒーローズ】

超ワールドサッカー / 2021年2月27日 16時0分

写真:Getty Images

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い)

サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。

今回は、アーセナルのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンがサンテチェンヌ時代に決めたハットトリックだ。

フランス出身ながら若くしてミランユースに入団したオーバメヤンは、レンタル移籍を繰り返し、2011年1月にサンテチェンヌに加入。同クラブでブレイクを果たすと、一気に世界屈指のストライカーとしてスターダムを駆け上がった。

ゴール前で抜群の決定力を見せるオーバメヤンだが、2012年2月22日に行われたリーグ・アン第22節のロリアン戦では、キャリア初となるハットトリックを達成している。

後半早々に先制を許して迎えた56分、味方からのパスに抜け出したオーバメヤンは、ゴール左の角度の厳しい位置から左足でシュート。ニアポストを絞りに来たGKの裏をかき、ゴール右サイドネットにシュートを流し込み、同点弾を挙げる。

続く68分、右サイドでボールを持ったMFバカリ・サコがふわりとしたクロスをボックスに入れる。タイミングを完璧に合わせてジャンプしたオーバメヤンがゴール前でドンピシャのヘディングを合わせると、ゴール左にシュートが決まり、見事な逆転ゴールとなった。

最後は3-2とリードして迎えた90分、カウンターからサンテチェンヌがチャンスを作ると、FWライネル・キタンバラのパスにオーバメヤンが抜け出すと、そのままスピードに乗り一気にゴール前へ。飛び出して来たGKの上を越えるシュートを決め、相手に止めを刺す4点目を決めてみせた。

キャリア初のハットトリックを達成したオーバメヤン。4-2でのチームの勝利に大きく貢献した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング