1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

新潟が10年ぶり復帰の千葉和彦弾などで北九州を4発粉砕! 昨季昇格ならずの長崎も白星スタート【明治安田J2第1節】

超ワールドサッカー / 2021年2月27日 17時40分

写真:©︎J.LEAGUE

27日、2021シーズンの明治安田生命J2リーグが開幕を迎えた。

今シーズンもJ1への昇格枠は2つ、降格枠は4つというシーズン。激しいシーズンがここからスタートする。

昨シーズンのJ2で5位のギラヴァンツ北九州と、11位のアルビレックス新潟の一戦は、1-4で新潟が快勝スタートとなった。

試合は29分に新潟が先制する。新潟は右CKを獲得すると、島田譲のクロスに対してボックス中央で千葉和彦がヘッド。2011年以来10年ぶりに復帰した千葉が先制ゴールを決め、新潟がリードする。

先制を許したホームの北九州だったが、前半のうちに追いつく。41分、六平光成からのフィードを上手く抜け出した富山貴光がトラップ。落ち着いてシュートを流し込み、北九州が追いつく。

1-1で迎えた後半も新潟がペースを握ることに。すると57分には右サイドを突破。髙木義明がボックス右からクロスを送ると、鈴木孝司がヘッドで合わせて新潟が勝ち越しに成功する。このプレーはヘディングの前に鈴木の手にボールが当たっていたために北九州の選手たちはハンドをアピールするが、J2ではVARが採用されていないためゴールが認められた。

さらに新潟は60分、再び右サイドを攻め立てると、藤原奏哉がボックス右からグラウンダーのクロス。これをニアで佐藤喜生が触るとオウンゴールとなり、新潟がリードを広げる。

さらに75分には右サイドからのクロスをファーサイドにいた本間至恩がボックス内でトラップ。冷静に相手DFをかわしてシュートを決めて勝負あり。新潟が4得点を奪って開幕戦で快勝した。

もう1試合は昨シーズン3位のV・ファーレン長崎と18位のツエーゲン金沢の一戦。試合は早々に動く。

4分、右CKを獲得すると秋野央樹のクロスを富樫敬真がニアサイドでフリック。最後は毎熊晟矢が押し込んで、長崎が早々に先制する。

さらに15分には右サイドを仕掛けるとスルーパスに抜け出したルアンがマイナスのリターン。ポッカリと空いたところに走り込んだカイオ・セザールが豪快に蹴り込み、長崎がリードを2点とする。

リードを許した金沢は後半にスコアを動かす。53分、大宮アルディージャから新加入の嶋田慎太郎が左サイドからのグラウンダーのパスをボックス手前中央で受けると、そのまま左足を一閃。ゴール右にシュートが決まり1点を返す。

しかし、その後の金沢の反撃は実らずにタイムアップ。長崎がリードを守りきって勝利を収めた。

なお、その他の9試合は28日(日)に開催される。

◆明治安田生命J2リーグ開幕節
▽2月27日(土)
ギラヴァンツ北九州 1- 4 アルビレックス新潟
V・ファーレン長崎 2-1 ツエーゲン金沢

▽2月28日(日)
SC相模原 vs 京都サンガF.C.
水戸ホーリーホック vs 大宮アルディージャ
栃木SC vs ファジアーノ岡山
ザスパクサツ群馬 vs ブラウブリッツ秋田
ジェフユナイテッド千葉 vs ヴァンフォーレ甲府
FC町田ゼルビア vs モンテディオ山形
東京ヴェルディ vs 愛媛FC
FC琉球 vs ジュビロ磐田
レノファ山口FC vs 松本山雅FC

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング