1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

相手への“プレゼントパス”で痛恨敗戦のマインツ守護神を監督は擁護「何度も私たちを救ってくれた」

超ワールドサッカー / 2021年3月2日 19時35分

写真:Getty Images

ブンデスリーガ降格圏内の17位に沈むマインツは2月28日に行われた第23節でアウグスブルクとホームで対戦。勝利すれば暫定15位へと浮上できるチャンスだったが、守護神のミスで敗れた。

0-0で迎えた25分、自陣左サイドでボールを奪ったDFムサ・ニアカテがGKのロビン・ゼントナーへとバックパス。ゼントナーは利き足とは逆の左足で、クリアではなくDFシュテファン・ベルへパスを通そうとする。

しかし、弱々しくなってしまったパスは、プレッシャーにきていた相手FWフロリアン・ニーダーレヒナーへの“プレゼントパス”となってしまい、ニーダーレヒナーがゴール前のFWアンドレ・ハーンへパスを送り、そのまま先制ゴールを奪われてしまった。

自身のミスに、ゼントナーはピッチにヒザをつき頭を抱えて呆然。その姿を見たチームメイトはゼントナーのもとに駆け寄り、顔を上げるよう励ましていた。

結局、試合はこのゴールが決勝点となり、マインツは0-1で敗戦。痛すぎる勝ち点逸となってしまったが、ボ・スベンション監督は「ミスが起こったが、ロビンは何度も私たちを救ってくれた。私たちは皆彼を支える」と守護神を擁護している。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング