1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

アビスパ福岡、鳥栖戦でのサポーターの禁止行為に声明、個人と違反行為の特定に加え、観戦ルール見直しへ

超ワールドサッカー / 2021年3月22日 20時15分

写真:©︎J.LEAGUE

アビスパ福岡は22日、21日に駅前不動産スタジアムで行われたサガン鳥栖との一戦におけるサポーターの行為について声明を発表した。

福岡の発表によると、鳥栖戦においてアビスパ福岡の一部サポーターによる「Jリーグ新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン」及び「サガン鳥栖運営管理規定」で禁止されている行為があったとのことだ。

この件については、川森敬史 代表取締役社長も試合後に自身のツイッターで言及しており、苦言を呈していた。

福岡は川森社長名義の声明を発表し、処分を行うために調査すると発表。個人の特定が済み次第、処分等についても発表するとした。

「クラブとしては到底看過できる事案ではないと捉えており、昨年7月にJリーグが再開されて以降、コロナ禍のスタジアムでガイドラインに従い観戦スタイルを遵守いただいている多くの皆様をはじめ、安心安全なスタジアム運営にご協力下さっている方々や、Jリーグを愛されている全ての皆様に心よりお詫び申し上げます」

「現在実行者個人の特定と違反行為の特定を進めると同時に、関係各所と当該行為に対する処分、及び次節以降のホームゲームでの観戦ルール見直し等を協議しているところであり、近日中に方針をホームページ等でお示しさせていただく予定でございます」

「昨日をもって政府による緊急事態宣言が解除されましたが、私たちはコロナ禍における2021シーズンのリーグ戦を成立させ、ファン、サポーターの皆様が安心してスタジアムにご来場いただける環境を整えるべく、引き続き取り組んでまいります。皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます」

鳥栖戦では、サポーターによる声出しの応援やチャントなど、現時点で禁止されている応援行為が見られており、大きな話題となっていた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング