1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

札幌がリーグ無失点の鳥栖から5得点!横浜FMと鹿島も5発圧勝《ルヴァンカップ》

超ワールドサッカー / 2021年3月27日 20時5分

写真:©︎J.LEAGUE

27日、YBCルヴァンカップ第2節の7試合が各地で行われた。

Aグループでは、開幕節で福岡に競り勝った札幌が鳥栖と激突。立ち上がりから一気に試合が動いた。8分、札幌の左CKの場面で福森が上げたクロスをニアで深井が頭で合わせると、GK守田に弾かれたボールが山下に当たりオウンゴールに。

ラッキーな形で先制に成功した札幌はさらにその2分後、ボックス右からルーカス・フェルナンデスが中へ折り返し、ゴール前を抜けてきたボールをボックス左の菅がダイレクトシュート。これが相手DFに当たってゴールに吸い込まれた。

記録上2つのオウンゴールで2点のリードを得た札幌は37分、持ち上がった金子からボックス右のL・フェルナンデスに展開。そこからピンポイントのクロスを受けた深井がダイレクトで流し込んで3点目を挙げた。

なおも畳みかける札幌は後半に相手のミスからアンデルソン・ロペスとL・フェルナンデスがゴールを沈めて2点追加。1失点を許したものの、リーグ戦4試合未勝利を払拭する5得点大勝で開幕2連勝を収めた。

Aグループもう一方の福岡vs鹿島も一方的な内容となった。立ち上がり9分に、直近の名古屋グランパス戦でケガから復帰した上田が永戸の右CKを頭で合わせて鹿島が先制。これで一気に流れを引き寄せたアウェイチームは、雨が強くなり始めた28分に、今度は船橋の左CKをファーサイドの荒木がボックス手前からダイレクトボレー。見事に芯を捉えた強烈な一発は、GK永石の正面に飛んでしまうが、勢いと雨の影響でファンブル。股の下から抜けてゴールラインを割った。

攻撃の手を緩めない鹿島は35分にエヴェラウドの縦パスを受けた上田がボックス左からシュートを流し込み3点目。61分にはそのエヴェラウドにも得点が生まれ余裕の展開に持ち込むと、70分に今季プロデビューの林が公式戦初出場。

その後、福岡はグティエレスの来日初ゴールで1点を返すものの焼け石に水。逆に鹿島は後半アディショナルタイムにも広瀬がダメ押しのゴールを挙げて、1-5で大勝。大会2連勝を収め、公式戦の連敗を「2」で止めた。

グループBでは徳島と大分が対戦。開始5分、大分は黒崎が右サイドからクロスを入れると、相手のクリアミスを長沢がボレーシュート。強烈なシュートが突き刺さり、アウェイチームが先制した。

その後はGK高木の好セーブもあり、徳島を完封した大分が勝利。今大会初勝利を収めると共に、公式戦4試合ぶりの白星を挙げた。Bグループもう一方のFC東京vs神戸は翌28日に行われる。

Cグループでは、湘南と首位の横浜FCが対戦。前半はなかなか互いに決定機が作れなったが、迎えた後半立ち上がりに意外な形からゴールが生まれる。47分、バックラインから攻撃を組み立てる横浜FCだったが、パスコースがなく、大きく蹴り出そうとしたGK六反がまさかのスリップ。これを奪った根本がゴールに流し込み、湘南が先制した。

鹿屋体育大学在学中の根本はこれが湘南初ゴール。これで勢いがついたホームチームは62分にも根本が決定機を迎えるが、ここは惜しくも右に逸れてしまう。それでも21歳のゴールを守り切った湘南が今大会初白星。公式戦で3試合ぶりの勝利となった。

もう一方の浦和vs柏も1点を奪い合う展開に。浦和は興梠、柏は細谷と、互いのFWが決定機を迎える中、試合を動かしたのは途中出場のクリスティアーノだった。79分、右CKを獲得した柏は、神谷が右足でアウトスイングのクロスを供給。これをクリスティアーノが頭で合わせて、アウェイチームが先制に成功した。

リーグ戦の不調を払拭したい浦和もどうにかゴールに迫るが、後半アディショナルタイムの明本の狙いすましたシュートは、韓国代表に招集されたGKキム・スンギュに代わってプロデビューを果たしたGK佐々木がファインセーブ。これで柏が0-1で試合をものにし、今大会初勝利を挙げた。

Dグループでは、首位の横浜FMがホームに広島を迎え撃った。リーグ戦では3-3の打ち合いを演じた両チームだが、この日は一方的な展開となる。27分、扇原のパスをボックス右の仲川がワンタッチで折り返し、最後はオナイウ阿道が流し込みホームチームが先制。

その後もポストに嫌われた仲川のシュートなど攻勢を続ける横浜FMは、後半立ち上がりに、その仲川にゴールが生まれてリードを2点に。その5分後の58分には、キックオフ直後のマルコス・ジュニオールの負傷でスクランブル投入されていた天野のパスから左サイドのエウベルがクロス。これを岩田が頭で合わせて3点目。そして64分には、クロスに反応したオナイウのシュートのこぼれ球を拾った仲川が冷静に押し込んで大量4点をゲットした。

さらに90分にも、オナイウがこの日2点目を決めた横浜FMは開幕2連勝。公式戦では4連勝となった。

一方、仙台vs清水では、前半は加藤のヘディングシュートなど仙台が攻勢に出ていた中で、均衡を破ったのはアウェイの清水だった。70分、相手の攻撃をはね返し、ピッチ中央でこぼれ球を拾った鈴木が敵陣の広大なスペースをドリブルで前進。ボックス右に持ち込み、自ら相手DFの股を抜くシュートを決めた。

鈴木はこれがプロ初ゴール。この記念すべきゴールを守り抜いた清水が今大会初勝利。公式戦2連勝を収めた。仙台は公式戦6連敗となった。

◆第2節
▽3/27
【Aグループ】
サガン鳥栖 1-5 北海道コンサドーレ札幌
アアビスパ福岡 1-5 鹿島アントラーズ

【Bグループ】
徳島ヴォルティス 0-1 大分トリニータ

【Cグループ】
浦和レッズ 0-1 柏レイソル
湘南ベルマーレ 1-0 横浜FC

【Dグループ】
ベガルタ仙台 0-1 清水エスパルス
横浜F・マリノス 5-0 サンフレッチェ広島

▽3/28
【Bグループ】
FC東京 vs ヴィッセル神戸

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング