1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

ヘッド2発のDF板倉滉「建英から凄く良いボールが入ってきた」、田中碧とのコンビは「邪魔するより一個前の位置に」

超ワールドサッカー / 2021年3月30日 2時10分

写真:Getty Images

U-24日本代は29日、SAISON CARD CUP 2021でU-24アルゼンチン代表と対戦。3-0で快勝を収めた。

26日に東京スタジアムで行われた試合では0-1で敗れていたが、この日はスタメン9名を入れ替えてプレー。前半から出しの早い、インテンシティの高いプレーを見せると、45分にDF瀬古歩夢(セレッソ大阪)のフィードに抜け出たFW林大地(サガン鳥栖)が初ゴールを奪い先制する。

後半はアルゼンチンも選手を変えて強度を高めた中、68分と73分にMF久保建英(ヘタフェ)のCKからMF板倉滉(フローニンヘン)がヘディングで2ゴールを奪取。そのまま逃げ切って勝利を挙げた。

試合後のメディア取材に応じたMF板倉滉(フローニンヘン)は2ゴールについて「本当に建英から凄く良いボールが入ってきたのが1つと、あとは凄く相手のマークが激しく自分を掴みたがっていたので、僕と相手のマークの間に(古賀)太陽に入ってもらって、ブロックしてもらいました」と振り返り、「そのおかげで自分が走るコースを見つけることができましたし、建英から毎試合毎試合良いボールが入ってくるので、2つゴールに繋げられたのは良かったです」とコメント。2ゴールを喜んだ。

1戦目で負けた状態で臨んだこの試合については「前回の試合は負けてしまったんですけど、守備のところをどうやっていこうかという声掛けはできていましたし、今回はさらに試合中からみんなで声を掛けながら、行くところ行かないところ、球際の一対一もそうですし、そういったところは前の試合と比べて修正できたと思います」と語り、チームとして修正できていたと手応えを語った。

また、久々のボランチでの出場となり、川崎フロンターレの下部組織で共に育ったMF田中碧とのコンビだったが「碧が基本真ん中に入って、ボールをさばけていましたし、碧自身はボールが持てる選手で、周りもよく見えて、チームを回してくれる存在でした」と後輩のプレーぶりを評価。「僕はいつもあの位置に入りますが、今日は前目のポジションに立って、相手も嫌がっていましたし、なるべくボランチとディフェンスの間に立とうと意識していて、そうすることで碧がフリーになる時間もありました」と語り、田中を生かすためにポジションどりを変えていたとコメント。「碧があそこで結構ボールを持てていたので、自分はそこを邪魔するというよりは一個前の相手が嫌がるポジションを取ろうと意識していました」と語った。

また「碧自身のことは小学校から知っていますし、ユースの時も一緒にやっていますけど、碧は上手い選手ですし、周りが見えている、凄く気がきく選手なので、邪魔しないようにというか、碧自身があそこでプレーできるので、1つ前の相手が嫌なポジションを取ることだけを意識していました」と成長を大きく感じていたとし、「守備も試合前に碧と確認していましたし、そこを上手くボランチから中盤に伝えるとか、中盤からFWに伝えることができていたので、そこは良かったと思います」と、チームとしての意思疎通も問題なくできていたと語った。

前回の試合では失点シーンでクロスを上げさせてしまった板倉。この試合に向けては「前の試合で負けていますし、僕自身ずっと言っていますが、東京五輪では金メダル以外考えていないので、強豪相手にしっかり勝っていかないといけないというのがその気持ちの部分に出たと思います」とコメント。「今回こうやってコロナのある中でアルゼンチンという良い相手と2試合できたのは凄く良いですし、負けて終わりじゃなく、勝って追われたのも良かったと思います」と語り、目標に掲げている金メダルへ良い2試合だったと語った。

今日はボランチで出場したが、本来はCBでプレーしている板倉。「CBに入っても相手にやらせないようにしないといけないですし、自チームではCBをやっているのでそこに自信は持っていますし、今日は凄く久々のボランチだったので、多少心配はありましたけど、碧が真ん中に入って、ボールを受けて、チームのリズムを作ってくれていたので、自分はその1つ前のポジションに入ってチームを助ける動き、あとは守備のところで自分が潰せるようにと考えていました」と語り、CBとしての気概は高まったと語った。

チームへの意識付けについても「チーム全員が東京五輪で金メダルというのは絶対意識していると思いますし、自分自身練習からとにかくこういう相手に勝たないといけない、負けちゃいけないというのを見せてきたつもりですし、今日も本当に試合の入りから全面に出て、一対一の激しい競り合いだったりで勝てていたので、それが勝利に繋がったと思っています」と語り、プレーで意識付けができていると語った。

攻撃でうまくいっていた部分についても「初戦はなかなか縦パスが入らなかったり、2列目に凄く良い選手がいる中で、その選手たちに預けることができていなかったので、そこをちょっと意識はしていました」と1戦目からの修正をコメント。「自陣というより高い位置でボールを回せていたと思いますけど、繋ぐところとハッキリ相手の裏に出すことはできていたので、前の選手もハードワークして戦ってくれていたので、セカンドボールを中盤の自分たちが回収しながらと意識していました」と語り、「ボールを回しながらも縦パスで建英や(相馬)勇紀、(食野)亮太郎のところもそうですけど、そこを上手く使えていたところが前と違って良かったところだと思います」と1戦目よりも2列目の選手を有効に使えていたと語った。

チームで組織的に対抗したことについても「組織的に戦うところは日本の良さでもありますし、みんなで攻撃してみんなで守るというのは引き続きやらないといけないところです」と語り、「今日の試合では一対一の局面でも負けていないというところが凄く多かったし、そこでマイボールにできるシーンも多かったので、帰ったところで個々でレベルアップして集まれればと思います」と、個々の成長が必要だとした。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング