1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

板倉滉は来季もフローニンヘン? クラブは残留についてシティと交渉中

超ワールドサッカー / 2021年3月31日 15時40分

写真:Getty Images

U-24日本代表としても活躍したDF板倉滉(24)だが、フローニンヘンは来シーズンもチームに留まらせたい意向があるようだ。オランダ『Voetbal Primeur』が報じた。

3月のインターナショナル・マッチウィークでは東京オリンピックを戦うU-24日本代表に合流した板倉。U-24アルゼンチン代表との2試合では、センターバックとボランチで2試合連続プレー。2試合目ではMF久保建英のCKから2ゴールをヘディングで奪う活躍を見せていた。

板倉は2019年1月に川崎フロンターレからマンチェスター・シティへと完全移籍すると、そのままフローニンヘンへとレンタル移籍。今シーズンも継続してレンタル移籍を果たすと、センターバックとしてエールディビジでここまで全27試合に出場し1ゴールを記録している。

フローニンヘンにとって欠かせない存在に成長した板倉。そのフローニンヘンは、来シーズンも引き続き板倉をレンタル移籍でチームに留まらせたい意向があるようだ。

板倉はシティとの契約が2022年夏まで残っているものの、フローニンヘンは買い取りオプションがついていない状況。それでも、シティから板倉が他のクラブへ移籍した場合は、一定の金額を手にするようだ。

フローニンヘンのテクニカルディレクターを務めるマルク=ヤン・フレッデルス氏は、板倉についてコメント。もう1年チームに残すためにシティと話をしていると明かした。

「我々は彼をもう1年留まらせたいと思っており、これについてマンチェスター・シティと連絡を取り合っている」

「今シーズン後も彼を残すつもりだが、いくつかの同意が必要となる。マンチェスター・シティだけでなく、コウ本人と彼の代理人ともだ」

シティが板倉を戦力として認めた場合は残留することになるが、現在のシティの最終ラインはトップレベルの選手が集まり競争が激しい状態に。果たして来シーズンはどこでプレーすることになるだろうか。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング