1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

伏兵メンディ&ジェズス弾のシティが前回対戦で大敗のレスターにリベンジ! CLドルト戦に弾みを付ける快勝《プレミアリーグ》

超ワールドサッカー / 2021年4月4日 3時29分

写真:Getty Images

プレミアリーグ第30節、レスターvsマンチェスター・シティが3日にキング・パワー・スタジアムで行われ、アウェイのシティが0-2で勝利した。
 
直近のFAカップ準々決勝で破ったマンチェスター・ユナイテッドと熾烈な2位争いを繰り広げる3位のレスター(勝ち点56)は、公式戦4連勝を目指し前回対戦で5-2の大勝を収めた相手をホームで迎え撃った。ユナイテッド戦からは招集外のソユンクに代えてアマルテイを起用した以外、同じメンバーを起用。また、負傷明けのマディソンがベンチに戻ってきた。
 
一方、同じく直近のFAカップでエバートンを退けてクアドルプルに向けて順調に歩みを進めるリーグ首位のシティ(勝ち点71)。公式戦4連勝と相変わらずの安定感を誇るグアルディオラ率いるチームは、6日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝のドルトムント戦に弾みを付けるため、難敵相手のリベンジを狙った。インターナショナルマッチウィーク明けのコンディションを考慮され、ギュンドアンやベルナルド・シウバ、ストーンズらがベンチスタートとなり、アグエロやメンディ、フェルナンジーニョがスタメンで起用された。
 
[3-4-1-2]を継続したレスターに対して、シティはデ・ブライネをトップ下、アグエロを最前線、ガブリエウ・ジェズスとマフレズを両翼に配した[4-2-3-1]でスタート。
 
立ち上がり数分こそレスターが前から圧力をかけたものの、時間の経過と共にシティが押し込んでいく展開に落ち着く。開始5分にはクロスのこぼれ球に反応したフェルナンジーニョが地を這う鋭いミドルシュートでゴールネットを揺らすが、ここはオフサイドポジションのアグエロがGKシュマイケルの視界を遮ったとして早い時間帯の先制点は認められず。
 
その後はフィールドプレーヤー全員が自陣で守備ブロックに参加するホームチームに対して、アウェイチームが立ち位置の変化、点と点で合わせる高度な連携プレーで何とかこじ開けようとする睨み合いが続く。
 
中央を徹底的に締める上に献身的なスライド、対人戦で強さを見せるレスターの堅守が光る中、虎視眈々とワンチャンスを狙うシティは18分に相手の繋ぎのミスからアグエロがボレーシュートを放てば、23分にはボックス手前左の好位置で得たFKを名手デ・ブライネが直接狙うが、これは惜しくもクロスバーを叩いた。
 
前半半ばから終盤にかけても我慢比べの状況が続く。シティは遅攻の場面でレスターの堅守に手を焼くものの、相手の最大の狙いであるヴァーディとイヘアナチョを起点とした高速カウンターをフェルナンジーニョを中心にきっちり潰す。
 
その後、レスターがようやく相手陣内でボールを持てるようになったが、逆にスペースを得たシティがフィニッシュの数を増やしていく。41分には右サイドでのスローインの流れからボックス右に侵入したマフレズが両チームを通じた最初の枠内シュートを放つが、これはGKシュマイケルの足を使った見事なセーブに阻まれる。前半アディショナルタイムにはアジョセ・ペレスのスルーパスに抜け出したヴァーディがGKをかわしてゴールネットを揺らす場面もあったが、ここはオフサイドの判定でゴールは認められず。
 
最低限のゴールレスで試合を折り返すも、シュート0で前半を終えたレスターはよりアグレッシブな姿勢で後半に入る。立ち上がりの48分にティーレマンスのミドルシュートで最初の枠内シュートを放つと、直後の51分には2トップの連動した守備でフェルナンジーニョからボールを奪ってショートカウンターを発動。中央を持ち上がったイヘアナチョのショートスルーパスに反応したティーレマンスがボックス右でシュートを狙うが、ここはDFルベン・ジアスの見事なシュートブロックに阻まれる。
 
やや受け身な形で後半に入ったシティだったが、時間の経過と共に試合の主導権を掌握。再び相手を押し込んでいく中、思わぬ伏兵が貴重な先制点をもたらす。
 
58分、デ・ブライネのスルーパスに抜け出したマフレズのシュートのこぼれ球をロドリが右サイドですかさず折り返す。これはファーのジェズスの前でティーレマンスに撥ね返されるも、ボックス内でルーズボールを拾ったメンディが冷静な切り返しでオルブライトンをかわし、利き足とは逆の右足のコントロールシュートをゴール右下隅の完璧なコースへ流し込んだ。
 
スペイン人指揮官も思わずニヤッとしてしまうメンディのファインゴールで先手を奪ったシティは直後にアグエロを下げてスターリングを投入。この交代でジェズスが最前線、スターリングが左ウイングに入る。一方、レスターは70分過ぎにオルブライトン、イヘアナチョに代えてリカルド・ペレイラと切り札のマディソンを同時投入した。
 
この選手交代によって流れに変化が加わることが期待された中、流れを引き寄せたのはシティだった。74分、自陣右サイドでのスローインの流れから中央でボールを受けたデ・ブライネがジェズスの背後への飛び出しに合せた圧巻のミドルスルーパスを通す。そして、ジェズスがボックス左のスターリングに折り返すと、ここで冷静に深い切り返しでDF2枚を滑らせてGKを引き付けたスターリングがリターンパスを送ると、ジェズスがきっちりスライディングシュートで押し込み、試合を決定づける2点目とした。
 
その後、何とか一矢報いたいレスターがマディソンを起点に攻勢を仕掛けるが、フェルナンジーニョ、ルベン・ジアスを中心に最後までソリッドな守備を見せたアウェイチームのゴールをこじ開けることはできず。
 
そして、試合はこのままタイムアップを迎え、前回対戦で大敗したレスターにリベンジを果たしたシティがCLドルトムント戦に大きな弾みを付ける公式戦5連勝を達成した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング