ドルトムント、ヘンリク・ラーション息子に関心? 今季ロシアリーグで12ゴール

超ワールドサッカー / 2021年4月9日 0時17分

写真:Getty Images

ドルトムントがスパルタク・モスクワに所属するスウェーデン代表FWヨルダン・ラーション(23)に関心を示しているようだ。ドイツ『SPOX』が報じている。

スウェーデンの伝説的プレーヤー、ヘンリク・ラーション氏を父親に持つヨルダンは、母国2部のホガボリでプロデビュー。その後、2014年に父親も在籍していたヘルシンボリに完全移籍すると、2015年からはその父親がトップチームの監督に就任し、指揮官と選手という立場で親子共演が果たされていた。

その後、オランダのNECナイメヘン、母国のノルシェーピンを経て2019年にスパルタク・モスクワへ完全移籍。今シーズンはここまでリーグ戦23試合に出場し、12ゴール5アシストの数字を残している。

175cmとサイズは一般的も父親譲りの身体能力に加え、攻撃的MFやウイングでもプレー可能なテクニック、打開力を備える左利きのストライカーは、ロシアの地で決定力にも磨きをかける注目のアタッカーに成長している。

そして、ノルウェー代表FWアーリング・ハーランドの去就が不透明となっているドルトムントは、後釜候補や前線の新たなオプションの1人としてヨルダンの動向を注視しているという。

また、ドルトムント以外にも同じく今夏の前線補強を目指すウェストハムが関心を示しているようだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング